この記事を読むのに必要な時間は【約3分】です。

fuyu_tree

冬の北海道は一面の雪景色…。
雪と縁遠い地域に住む人にとって、冬の北海道は一度は訪れたいあこがれのスポットですよね。

でも北海道は広くてどこを観光すればいいのか正直わからない…という方も多いかと思います。そこで、冬に北海道旅行を考えている人へおすすめしたいのが「函館のイルミネーション」です!

冬の函館は光でいっぱい!今回は冬の函館の魅力についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

北海道旅行に函館がおすすめな理由

函館は北海道の道南に位置し、毎年500万人もの観光客が訪れる情緒あふれる港町です。
一年を通していろいろな観光イベントが行われますが、中でも一番のおすすめなのが「冬の函館」です。

新幹線を利用して函館まで簡単アクセス!

北海道新幹線が開通してから、本州から北海道へのアクセスもぐーんと楽になったこともあり、冬の北海道の旅の玄関口として立ち寄りやすくなりましたよね。

新幹線の終点・新函館北斗駅から函館駅までは交通アクセスも充実しているのもおすすめポイント。

  • 新幹線アクセス用列車「はこだてライナー」:快速・普通列車合わせて16往復、所要時間は15~22分。運賃は360円
  • JR「特急スーパー北斗」:一日12往復運行、所用時間は約15分
  • バス「函館特急ニュースター号」:新函館北斗駅と湯の川エリアを結ぶ急行バス。
  • 五稜郭(本町交差点)、函館駅などに停車します。五稜郭本町まで40分660円、函館駅まで55分760円、湯の川温泉まで1時間7分900円

 
そのほかにも、路線バス(函館バス)が一日100往復ほど運行。
所要時間は1時間以上かかりますが料金は660円程度ですし、なによりも本数が多いと予定が立てやすいですよね。

函館山からの冬の夜景は必ず見ておくべき!

何よりもおすすめしたいのが、函館のイルミネーションの美しさ。
冬の函館では街のあちこちでイルミネーションイベントが開催されます。

函館山からの夜景は年間を通して有名ですが、冬のイルミネーション期間中はさらに街が光に包まれ、一段と幻想的な夜景が見られます。

 
「両側を海に挟まれている」というその独特な地形が「日本一の夜景」ともいわれる函館の夜景の美しさの秘密。きらめくオレンジ色の陸地と漆黒の闇の海との境界線は、驚くほど対照的で感動的です。
%e5%87%bd%e9%a4%a8%e5%b1%b1%e5%a4%9c%e6%99%af
 
また、函館は市を挙げて暮らしや街並みを生かした夜景づくりに取り組んできたので、街の灯りの色使い、情緒ある建物を生かしたライトアップなど、「いかに綺麗な夜景が見られる街にするか」ということを徹底的に計算しています。

そんな街が作り上げる冬のイルミネーション…素敵なはずですよね♪

街のあちらこちらで行われているイベントそれぞれが美しいのですが、それらすべてが魅せる「函館の夜景」というのも冬の函館ならではの楽しみ方ですので、函館山からの夜景は必ず見ておいた方がいいですよ!

スポンサードリンク

 
おすすめは日没前には山に登って、夕日が沈むときからの街の変化を観ることです。
山頂から観る日没は、夜景と引けを取らない美しさ。夜景だけ見るために山へ登るのはもったいないです!

だんだんと暗くなっていく函館の街。ひとつひとつついていく街の灯り。
イルミネーションは点灯する瞬間も魅力の一つですが、函館山からは「函館市が点灯する瞬間」を一望することができるんです。

これは他のイルミネーションイベントとは桁違いのスケールですよね^^
函館だからこその楽しみ方だといえます。
 

函館の日没時刻

  • 12月1日 16時5分ごろ
  • 1月1日 16時15分ごろ
  • 2月1日 16時50分ごろ
  • 3月1日 17時30分ごろ

 
だいたいこれぐらいが目安となっていますので、日が沈む30分前には山頂付近に到着しておくことをおすすめします。

函館の冬のイルミネーションのおすすめ

はこだて冬フェスティバルの魅力

元町地区にある函館の代表的な坂道が光の回廊となるのが「はこだて冬フェスティバル・はこだてイルミネーション」。

異国情緒あふれる街並みがライトで照らされ、教会や歴史的な建物が建ち並ぶ夜の街を美しく浮かび上がります。

こちらのイルミネーション、“光に包まれた愛の街・函館”というテーマでさまざまなイルミネーションが施されているのですが、その名の通り「愛」を感じさせる暖かい光が特徴的なんです。

坂という普通に考えると「障害」である地形を逆手に取り、素晴らしいロケーションへと変化させたその手法には感動します。

 

ライトアップ期間

2016年12月1日~2017年2月28日 日没~22:00※予定

場所:北海道函館市元町周辺

五稜郭イルミネーション「五稜星の夢」

五稜郭の堀の周りを約2,000個の電球で星形に彩る「五稜星の夢(ほしのゆめ)」もぜひ見ておくべきおすすめスポット。

五稜郭の展望台から見下ろすと、目の前に大きく輝く星の迫力に感動します。
こちらの五稜星の夢の面白さは、「気象条件や時期によって見え方が全然違う」ということ!

 
goryokaku_park-8

雪が積もっているときといない時では全く違った印象を見せますし、行く時期によっても光の見え具合が変わってくるんです。

その時その時で見せる顔が違う「その時だけの一度きりの景色」だと考えたら、とてもロマンティックですよね。
 

点灯日時:2016年12月1日(木)〜2017年2月9日(木)17:00〜20:00

     2017年2月10日(金)〜2017年2月28日(火)17:30〜20:00
 

最後に、函館の冬のイルミネーションではずせないのが「はこだてクリスマスファンタジー」です。金森赤レンガ倉庫で開催されるこちらのイルミネーションは函館でも特に人気のあるイベント。

こちらについてはその魅力をまとめきれなかったので別の記事を書きました。ぜひ読んでみてください♪

 
関連記事:
函館クリスマスファンタジーはツリー点灯式とあったかスープがおすすめ!

まとめ

いかがでしょうか?
日本全国でイルミネーションイベントは数多くありますが、街全体をイルミネーションとして楽しめるのは函館が一番だと思います。

冬の北海道へ行くのならぜひとも見ておいて損はない…むしろ見なければ損ともいえる「必見スポット」!冬の函館で素敵な思い出ができること間違いなしですよ。

スポンサードリンク