e0841c504d31e33477bcf057fca10a57_s

松の内を過ぎてからの新年の挨拶や、喪中の新年の挨拶として使われることが多い寒中見舞い。
出し忘れた年賀状の返信や、喪中はがきが間に合わずに届いてしまった年賀状の返信にも使うことができますし、なにかと出す機会も多いと思います。

特に、喪中で寒中見舞いを出す場合、喪中はがきは郵便局や業者に頼むことも多いかと思いますが、寒中見舞いは「出しそびれた人」や「間に合わなかった人」への返信となりますので、自分でパソコンで作成したり手書きで書くことが多いのではないでしょうか?

また、年賀状の出し忘れや予期せぬ人からの年賀状への返信の場合も自作になることが多いと思います。

そこで今回はさまざまなシチュエーション別の文例集をポイントと一緒にまとめてみました。

関連記事 :喪中はがきの書き方とマナー!文章の句読点や宛名の薄墨連名での続柄を解説 

季節の挨拶状としての寒中見舞いの文例

年賀状の授受や喪中に関係なく、本来の寒中見舞いの用途である季節の挨拶として寒中見舞いを出す場合は、相手を気遣う言葉をかけるとともにこちらの近況も伝えましょう。

 
 
 
 寒中お見舞い申し上げます

 寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか
 私どもおかげさまにて風邪などひかず元気に暮らしております
 まだまだ寒い日が続きますので皆さまお体にお気を付けください

 平成〇〇年一月

 
 
 
  寒中お見舞い申し上げます

  松の内が過ぎ寒さが益々厳しくなっておりますが
 いかがお過ごしでしょうか
 私もおかげ様をもちまして変わりなく過ごしております
 この正月には久しぶりに実家へ帰省し
 のんびりとしたひと時を過ごすことができました
 折をみてそちらにもお伺いしたいと思っております
 まだまだ寒い日が続きますのでお体を大切にお過ごしくださいますように

 平成〇〇年一月

年賀状を出してない人からもらった返事や出し忘れた人への返信としての寒中見舞いの文例

年賀状を出し忘れてしまった人や出していないけれど頂いたような場合、返事を返さないことが一番の失礼に当たります。返事が遅れた理由を述べる必要はありませんが、遅れたことへのお詫びを伝えましょう。

 
また、こういったシチュエーションでありがちなのが、年始の休暇が終わり職場などで相手と顔を合わせるというケースです。

「顔を合わせるから挨拶だけでいいや」と済ませるのではなく挨拶状を出すのがマナーですし、相手にとって失礼になりませんので挨拶とは別に寒中見舞いは出した方がいいでしょう。

 
 
 
 寒中お見舞い申し上げます

 お年賀のご挨拶ありがとうございます
 新春のご祝詞をいただきながら
 ご挨拶が遅れ誠に申し訳ございません
 皆様には良き年をお迎えなられましたご様子
 心からお喜び申し上げます

 平成〇〇年一月
 
 
 
 寒中お見舞い申し上げます

スポンサードリンク

 新年のご挨拶をいただきながらも
 ご挨拶が遅れてしまい誠に申し訳ございません
 ご家族の皆様おそろいでお健やかに新年をお迎えとのこと
 心温まるお年賀を楽しく拝見いたしました
 私も変わりなく過ごしております
 時節柄厳しい寒さが続きますが
 お風邪など召されませぬようお過ごしください

 平成〇〇年一月

喪中に年賀状が届いた場合の例文

年賀状に対するお礼を述べ、故人を明らかにした上で喪中であったために年始の挨拶を欠礼した旨を伝えましょう。
また、喪中はがきによる欠礼が間に合わなかった場合はその旨も併せてお詫びしましょう。

 
 
 
 寒中お見舞い申し上げます

 ご丁寧なお年始状をいただきまことにありがとうございます
 昨年喪中のため年始のご挨拶を差し控え失礼いたしました
 ご連絡が遅れましたこと、お詫び申し上げます
 寒さ厳しき折皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます

 平成〇〇年一月
 
 
 

 寒中お見舞い申し上げます

 このたびはご丁寧なお年始状をいただき有り難く存知ます
 厳しい寒さ続きの毎日ではございますが皆様には
 お健やかに新年を迎えられたご様子何よりと存じます
 当方昨年○月 父○○(享年○歳)が他界いたしましたため
 年頭のご挨拶を差し控えさせていただきました
 服喪中のご通知が遅れましたことをお詫び申し上げますとともに
 本年も変わらぬお付き合いのほど宜しくお願い申し上げます

 平成〇〇年一月

故人に年賀状が届いた場合の寒中見舞いの返信例

故人が亡くなったことをお知らせするとともに、亡くなった旨の連絡が届かなかったことをお詫びし、故人との生前の付き合いへの感謝を伝えましょう。

 
 
 
 寒中お見舞い申し上げます

 ご丁寧なお年始状をいただきありがとうございました
 昨年〇〇月〇〇日に父 〇〇が〇〇歳にて永眠いたしました
 旧年中にお知らせ申し上げるべきところ
 年を越してしまいました非礼をお許しください
 故人が生前に賜りましたご厚情に深く感謝いたしますと共に
 皆様のご健康とご多幸をお祈りいたします

 平成〇〇年一月

 
 
 

 寒中お見舞い申し上げます

 ご丁寧な年頭のご挨拶を頂戴し誠にありがとうございます
 母○○(続柄・故人の名前)は昨年○月○日に永眠いたしました
 生前のご厚情を深く感謝申し上げますと共に
 ご連絡が遅れましたこと深くお詫び申し上げます
 寒さ厳しき折一層のご自愛のほどお祈り申し上げます

 平成〇〇年一月

まとめ

寒中見舞いを作成するにあたってありがちなシチュエーション別の例文をまとめてみましたがいかがでしょうか?

新年の挨拶は一年の一番最初の大事挨拶ですし、喪中などの弔辞の挨拶などもマナーが問われる大事なことです。
そういう意味では寒中見舞いは暑中見舞いとはまた違った意味合いを含んでいると思います。

例文を参考にすれば、寒中見舞いは簡単に作れます。
あなたの寒中見舞い作成の際の手助けになれば幸いです。

スポンサードリンク