はちみつ大根がのどの痛みに効くらしい…
みんな口を揃えて言うけれど、本当なの!?
年に3度は喉痛で寝込む私が「はちみつ大根」を作ってみたお話です。

スポンサードリンク
 

はちみつ大根は古くから伝わる民間療法

喉が弱い私はちょっとしたことですぐ喉が腫れあがり、つばも飲み込めないほど痛くなることが良くあります。

以前も一度、冬の乾燥とストレスや疲れからくる免疫力の低下からか、自分でもびっくりするほど喉がぶち腫れた事がありました。
 

最初は我慢していたのですが、段々と痛みはひどくなり結局いつものようにつばも飲み込めない状態になってしまいました。
いつもならこの時点で泣く泣く病院に行くのですが、なんせ当時住んでいたのは日本ではなく…留学先のドイツ。
 

その頃は英語はもちろんドイツ語なんて全く話せず、ドイツの医者に診てもらうなんて到底無理な状態だったんです。
(ろくに会話もできないのに留学なんてするなよな!って話ですよね…^^;!!)

 
そんなわけで、なんとか自力でこののどの痛みを治せないものかとネットで調べて調べて調べて見つけたのが…

 
「古くから民間療法としても伝わる大根のはちみつ漬けは驚くほどのどの痛みに効きます!」

 
というはちみつ大根情報だったんです。

民間療法でもなんでも、この痛みから解放されるならなんでもするわい!!とはちみつ大根汁を作って飲んでみたところ…

 
あら!びっくり!!!ヽ(゚Д゚;)ノ!!

 

喉に直接しみ込む、はちみつの焼きつくような甘さと大根の辛味が混じった味が最初は苦手でしたが、我慢してスプーン1杯の汁を2時間おきくらいに飲み続けたんですね。

すると、つばを飲み込む事すら痛かったのに、段々と痛みがぼやけてきて、翌日には普通につばも飲み込めるまでになりました。
民間療法!ぐっじょぶ!!ですよ。
 
それ以来、はちみつ大根はのどの弱い私にとって欠かせない相棒となりました。
家でも簡単に作れますし、リンゴの皮しか向いたことのないような料理素人の方でも誰でも作れちゃうので本当におすすめです。

 
今回はそんな私の相棒「はちみつ大根汁」の作り方をご紹介します。

簡単!誰でも作れるはちみつ大根レシピ

  • 材料

大根   :4~5cmの厚さ
はちみつ :ダイコンが2/3ほど浸かるくらい
塩    :ひとつまみ(ほんのちょっと)
 

  1. 皮をむき1㎝くらいの厚さの角切りにする
  2. img_20161020_140530_resized_20161020_033340682

    スポンサードリンク

     

  3. 大根を瓶に入れて塩をちょっと振ってから大根が2/3程度浸かるくらいのはちみつを加えて漬ける
  4. img_20161020_142103_resized_20161020_033342480

    塩をふりかけることで大根から水分が出やすくなります。入れすぎると出来上がりの味がしょっぱくなりますので注意してください!
     

  5. 冷蔵庫で冷やし、とろとろだったはちみつがさらさらになったらほぼ完成!
  6. img_20161020_153046_resized_20161020_033351890

     

    漬け込んで15分もすると大根汁が出てきて、30分もするといい感じになるのですが、1晩ほど冷蔵庫で寝かせて大根からしっかり水分を出した方が喉に効きました。
    水分が抜けてすこししわしわになったくらいがおすすめです。

     

  7. 大根を入れたままにしておくと、味が変わるので取り出します。

そうなんです。はちみつ大根「汁」なんです!はちみつに浸けた大根がメインなのではなく、大根から抽出された汁がメインなんです!
この汁をスプーンで直接飲むのが一番効きます。
そのままだと飲みにくい場合は、紅茶に入れて飲むと飲みやすくなります。

 

取り出した大根は塩昆布をかけて塩、酢を少々加えると美味しい漬物になりますよ。
きなこがある場合は取り出した大根にきな粉をかけると、不思議なおやつになります。予想以上に美味しいです♪

img_20161020_213451_resized_20161020_094132349

一晩寝かせるのに時間がかかりますので、喉に違和感を覚えたらすぐに作ることをおススメします。
ぜひ一度お試しください!

スポンサードリンク