両親 旅行 プレゼント

 
母の日や父の日、初任給や誕生日のプレゼントや記念日など、両親へのプレゼントの機会に思い切って旅行をプレゼントしよう!と思う事ってありますよね。

 
プレゼントした時の親の喜ぶ顔を想像すると、なんだか自分まで嬉しくなってわくわくしてきちゃいます♪

 
でも、旅行ってどうやってプレゼントすればいいんでしょう?

 
支払い方法も気になるし、できればサプライズ感を出したいから、日程も自由に決められるものがいいなー…なんて。

 
あれこれ考えると、どう贈ればいいのかよくわからなくなってしまいますよね?

 
私も今回、そういえば旅行のプレゼントってどうやって贈ればいいんだろう?と疑問に思ったので、色々と調べてみました。

スポンサードリンク

両親へ旅行のプレゼントするにはどんな方法があるの?

まず、お父さん、お母さんへ旅行をプレゼントしたい時に、一番簡単で喜ばれる方法は「自分も一緒に旅行に行く」事だと思います。
 

以前、こちらで「子供にもらって嬉しいプレゼント」について、お母さん世代のおばちゃまたちにいろいろと話を聞いたんです。

 

fufu_chunen (1)
初任給で親にプレゼント 貰って嬉しいおすすめの物と渡し方!
勤め先の40代から50代のパートのおばちゃま方にご協力いただいて、「手を離れた子供から貰って嬉しい物」や「お子さんからもらった初任給のプレゼントのエピソード」を語ってもらいました!

 
自分の手を離れた子供にもらって嬉しい一番の贈り物は「一緒に過ごす時間」だったんですよね。

 
働きだしたり、家族を持って自分の生活が出来ると、なかなか一緒に旅行に行く機会なんてないもの。

 
「父さんたちだけでのんびりしてきなよ」

 
なんて思ってしまいますが、もしも時間が取れるのなら、お父さんやお母さん、家族と一緒にみんなで旅行に行くのが、両親にとって一番嬉しいプレゼントになるんだなと思いました。

 
それでもやっぱり仕事が忙しかったり、都合が合わなかったりして、一緒に旅行に行けない事もありますよね。

 
いろいろと調べてみると、旅行に一緒に行かない場合にプレゼントする方法として人気なのは大きくこちらの2つのようでした。

 

  • 旅行券をプレゼント
  • 旅行のカタログギフトをプレゼント

 

よく耳にはしますけど、使い方やなにがどう違うのかっていまいちよくわかりませんよね。

そこで、それぞれの特徴や使い方。

メリットとデメリットをわかりやすくまとめてみました。

旅行のプレゼントに旅行券はあり?使い方とメリット・デメリット

旅行券は父や母、祖父や祖母はもちろん、お世話になった方や友人まで、いろんな人へ手軽に贈れる旅行ギフトの定番です。

 
JTBや日本旅行、近畿ツーリストなどの旅行会社が販売している「旅行代金の支払いのための金券」で、パックツアーや、ホテル・旅館の宿泊代、航空券やJR券等の購入に利用ができます。

旅行券のメリット

千円、五千円、1万円などの金額があり、予算を自由に設定できる

JRなどの交通費の支払いも出来るので、旅行を丸ごとプレゼントできる

有効期限が無い物が多く、日程や行先を自由に決められる

 
このように、金券として「旅行にかかる代金を支払う」事が出来るので、日程や行先が自由に決められて、いつでも好きな時に使える事が大きなメリットだと思います。

旅行券のデメリット

一方、使いづらい点として…

 

使い方がわかりづらい

両親が直接旅行会社へ行って予約をしなければいけない

近くに利用できる旅行会社がないと使えない(使わない)

基本的にホテルや駅で直接の支払いに使えない

金額がもろばれ

 
基本的に、「旅行の為の金券」なので、ギフト券やプリペイドカードのように「現地で旅行券を使って支払う」という事ができないものがほとんど。

 
旅行会社の窓口やネットで「ホテルのプラン」や「JR・航空券がセットのホテルプラン」などの商品を購入して、その支払いに旅行券を使う…という感じです。

 
旅行会社が近くに無くても、ネットで予約もできるのですが、お父さんたちにはわかりづらいようなんですよね…。

 
ネット予約の支払いに旅行券を使う時は、旅行券を旅行会社に郵送しなければいけなかったりと、いろいろと面倒な点も。

 
お父さんやお母さんの年齢が高かったりすると、使い方がわからず結局使わないままという場合も多いようでした。

 
また、金額が両親にわかってしまうというのも、プレゼントを贈る側としてはちょっと気になりますよね。

 
ですが、旅行慣れしている両親へのプレゼントには便利なので、金額がばれてもいい場合には手軽に贈れる方法じゃないかなと思いました。

スポンサードリンク

両親への旅行のプレゼント カタログギフトの特徴とメリット・デメリット

旅行券よりも簡単で手軽!と人気なのが「旅行のカタログギフト」です。
 

日用品や食品のカタログギフトはすっかりプレゼントの定番ですが、体験型のアクティビティや旅行のカタログギフトも最近は人気のよう。
 

旅行カタログギフトのメリット

相手に金額がわからない

旅行券よりも旅行プランを選びやすい

プランが充実しているので、両親が喜びそうなものを自分が選んでプレゼントすることが出来る

旅行の予約が比較的簡単

 

旅行のカタログギフトを販売している会社は沢山ありますが、どの会社も本当にいろいろな旅行プランが用意されています。

 
使い方は普通のカタログギフトと同じです。

お父さんやお母さんにカタログの中から好きな旅館を選んでもらって予約してもらいます。

 
予約が電話やはがきといったアナログな方法でできるのも、ネットが苦手な両親世代には優しいサービスだなと思います(´∀`●)

 
また、カタログギフトのいい所は「好きなところへ行って来て」と贈る旅行券とは違い、カタログを選ぶ時に…

 

笑顔の女性先輩

「こんな旅館があるんだ!」

「ここはお母さんが好きそうな温泉だな♪」

なんて、自分で選べるので「プレゼントしている感」がきちんと出る事です。

金額もわからないので、「両親への心のこもった贈り物」という感じも旅行券よりは伝わる気がします。

旅行カタログギフトのデメリット

基本的に交通費は自己負担

使用期限がある

旅行先の選択肢が限られている

 

ですが、多くのカタログギフトでは「旅館やホテルの宿泊費と食事代」だけのプランがほとんど。

 
現地までの移動や交通費はパパやママに考えてもらうことになるのがちょっとネックです(‘・_・`)

 
また、購入から6か月以内に使用するといった有効期限があったり、カタログに載っている旅館やホテルにしか行けないと、使用に制限があります。

 
土日は別料金がかかる宿もあったりと、場所や旅行日程が制限される点がちょっと使いづらいかなと思います。

 
でも、逆に言えば選択肢が限られているからこそ、普段なかなか行かない旅行に「休みをとってでも行こう!」と思ってもらえるかもしれないなって゚゚+(‘v`*)+.゚

 
旅行の体験型カタログギフトにもいろいろありますけど、見ていて自分が一番楽しかったのが「EXETIME 」という会社のカタログギフトです。

旅を贈るカタログギフトEXETIME

 

日帰り温泉旅行から、体験型のアクティビティ。

宿泊タイプの旅行からレストランやグルメギフトまでカタログの種類が本当に豊富で!

 
旅行雑誌やガイドブックを見ながら「こんな宿に泊まりたいねー♪」なんていう感覚で選べるカタログなので、見ていてとってもワクワクするんです♪

 
「旅行をプレゼントしたいけど、どんな所に行きたいかわからないんだよね…。」という両親へのプレゼントにぴったりなカタログギフトじゃないかなと思います。

 


両親へ旅行をプレゼントする方法 カタログと旅行券の違いやメリットのまとめ

カタログギフトと旅行券の違いやそれぞれの特徴についてご紹介させていただきました。

 
お父さんやお母さんの年齢やタイプに合わせて、どちらをプレゼントした方が喜ばれるのかが変わってきそうですよね。

 
また、今回ご紹介していない方法で「自分が直接旅行プランを計画して、日程から行先を予約したチケットをプレゼントする」という方法もありました。

 
「日程を決めてしまう!」という方法は一緒に暮らしていたり、定年後で比較的時間に余裕のある両親へのプレゼントでは使える方法ですよね。

 
お父さんやお母さんがやる事は「旅行の準備」くらいなので、プレゼントされる側にしてみれば最高に楽な方法だなと思います。

 
いろいろと方法はありますが、お母さん、お父さんに楽しんでもらえる旅行をプレゼント出来るといいですね♪

スポンサードリンク