22769-NUPETF
年間を通して様々なイベントが開催される東京ディズニーランド。
夏のイベントが終わった今、次に行われるのが毎年9月~10月にかけて開催される「ディズニーハロウィーン」です

イベント期間中はクリスマスイベントと並ぶくらい沢山の来場者が訪れ(もっと人気があるかも!?)パーク内はいつも以上に大勢の来場者で賑わいます。

大人も子供もディズニーのキャラクターの仮装をして、いつもとはまた違った雰囲気を楽しめる事間違いなしのこのイベント。

今回は、日常からトリップして「特別なディズニー」を楽しめる「ディズニーハロウィーン」をご紹介します。

スポンサードリンク
  

ディズニーのハロウィン期間中のフル仮装イベントって何?

ディズニーハロウィーンとは、毎年9月~10月にかけてTDL(東京ディズニーランド)、TDS(東京ディズニーシー)で行われるスペシャルイベントです。

2016年のディズニーハロウィーン期間は9月9日~10月31日の約2か月間。

この期間中は、ミッキーやミニー達をはじめディズニーの仲間たちもいつもとは違うコスチュームで登場します!

パーク内のアトラクションもハロウィーン使用にデコレーションされたり、いつものイベントも期間限定のハロウィーンバージョンが楽しめたりと、夢の国がさらにワクワクドキドキの夢の国へと変わります。

その中でも特に盛り上がるのが、大人でもキャラクターのフル仮装ができる「フル仮装期間」です。そう!ハロウィーンと言えば仮装ですよね。
 

そもそも、ディズニーリゾートではハロウィーン期間中にかかわらず、小学校6年生までの子供はいつでもキャラクターの仮装をして入場することができるようになっていますが、中学生以上の来場者は通常は仮装をして入場することはできません。

ですが、1年の間でこの「ディズニーハロウィーン」の間だけは大人もキャラクターの仮装をして入場することができるんです。

お気に入りのキャラクターになりきってパークを楽しむことができるなんて、想像するだけでワクワクしませんか?1年のうちで最も人気があるイベントと言われるのもうなずけますね。

 
ここでついつい、ディズニーハロウィーンでもいつでも仮装をして入場し、イベントを楽しめるような気になってしまいますが、ここは注意!実は違うんです!

ディズニーハロウィーン期間は約2か月ありますが、その中でも仮装をして入場できるのはイベントの最初の1週間と最後の1週間だけとなっています。
 

2016年の今年は9/9-9/15、10/25-10/31がその期間にあたります。

 
この期間以外はディズニーハロウィーンが開催されていますが、仮装をして入場することは出来ませんので注意してくださいね。

この「フル仮装」についても、いくつかルールがあって、守らない場合は入場を断られる可能性もありますので、注意してしっかり守るようにしましょう。

ディズニーのハロウィンの仮装ルールと注意点!

では、フル仮装を楽しむためのルールについて紹介します。

 
時間をかけて衣装を準備して楽しみにやってきたのに、ルールを知らなかったばかりに入場できないなんて、残念すぎです!
当日ばっちりイベントを楽しめるように、しっかりとルールを押さえておきましょう。

 

  • 仮装はディズニーキャラクターのみ!

パーク内に登場するキャラクター、ディズニー映画や番組、ゲームに登場するキャラクター以外の仮装はNGとなっています。
また、マーベル社のキャラクター(スパイダーマンやアイアンマンなど)もNGです。
あくまでも、ディズニーのハロウィーンです。コスプレと混同しないように気を付けましょう。

  • 顔がわからなくなるようなメイク・付け髭はしない!

リアルを追求しすぎて、顔全体に色を付けるようなメイクや仮面をかぶるなど、顔がわからなくなるようなメイクをすると入場ができません。
付け髭も一部分はOKですが、顔の大部分を覆ってしまう様なものはダメとなっています。
元の顔が判別できないようなメイクはダメということですね。

  • 露出の多い衣装はダメ!

いくらキャラクターの格好を真似したといっても、肩やお腹の露出はNGです。お子さまや他の来場者が不快に思ったり、目のやり場に困るような仮装はやめましょう。

  • すその長すぎるドレスや全身タイツなどはダメ!

ディズニーといえばプリンセス!仮装の時くらい思いっきりドレスアップしたい気持ちはわかりますが、混雑するパーク内で裾の長いドレスは危険です。

また、全身タイツや水着も禁止されています。全身黒タイツで赤いパンツに黄色い靴を履くと簡単にミッキーになれますが、これも入場出来ないので気を付けましょう。

 
 
こうしてみると、基本的に混雑するパーク内で人に迷惑をかけるかもしれないもの、危険を及ぼすかもしれないものはNGとなっています。
仮装の小道具としての「槍」や「棒」なんかがこちらに該当するようです。

また、パイレーツオブカリビアンの海賊の仮装はかっこいいですが、顔に血のりを塗ったりするようなメイクもいただけません。
ディズニーリゾートには沢山の子供たちが来場します。
子供たちに悪い影響を及ぼすような仮装もしないように注意したいですね。

これらの事に注意して仮装すれば大丈夫なようです。
ルールを守って、みんなが楽しめるイベントにしましょう!

ディズニーハロウィンイベントの衣装への着替え場所と注意点

仮装の時に気になるのが「どこで着替えるか?」ではないでしょうか?

ディズニーリゾート内にホテルを取っているなら、部屋でゆったりと着替えてパークへGO!なんてできますが、混み合うこの時期にホテルを取るのも簡単ではありません。
多くの場合、近場のホテルに宿泊したり、関東圏の方は車で来場したり。

スポンサードリンク

最近はディズニーリゾート行きの長距離バスも増えてますので、夜行バスで朝方到着…なんて場合もあるかと思います。
そうした場合に問題なのが「着替えの場所」ですよね。

そういった方々のために、フル仮装対象期間にはディズニーランド、ディズニーシーの両パークに着替え場所が用意されます。

 
2016年の今年は、
 

ディズニーランド : プロムナードギフト右手の建物の中(男女別)

ディズニーシー  : パークエントランス・サウスの左側(男女別)

運営時間はどちらもパークオープンの1時間前の8時ごろ~22時のパーククローズまでです。

 
どちらも1か所のみとなっていますので、確実に大変な混雑になります!

 
「開園と当時に仮装をしてパークに入りたい!」という本気の方は、早朝6時から更衣室の待機列を作って並んでいるくらいです。
到着する時間によっては、3~4時間待ちなんてことも…。

 
そうして更衣室を利用している間に入場規制がかかってしまっては元も子もありませんよね。

そこで、車で来られる方は車の中で着替えを済ませる事をおススメします。
狭くて不便かもしれませんが、混雑の中で長時間待って着替えるよりはいいのではないでしょうか?

その際は、外から見えないように窓ガラスに目隠しの処置をすれば周りの視線も気になりませんし、逆に不快感を与えることもありません。

 
公共の交通機関を利用する場合は、やはり更衣室を利用するしかありません。
よくありがちですが、そんなに混むのならパーク周辺のトイレや施設…パーク内のトイレで着替えてもいいか!」なんて考えるのは止めましょうね。

ディズニーリゾートは、大人も子供も誰もが幸せを感じて楽しむためにと作られたもの。
自分が楽しむために、他の人に迷惑をかけるような行動はディズニーには似合いませんよね。

 
また、更衣室には隣との仕切りや、テーブル、椅子などは用意されていません。
鏡は用意してありますが、数が十分ではないのでこちらもなかなか利用できないのも覚悟してください。

 
荷物を預ける場所もありませんので、着替えを入れておいた鞄などは入り口付近にあるコインロッカーに入れるようにしましょう。
そのまま更衣室に置いていくことは出来ませんのでご注意くださいね。

このコインロッカーも数に限りがありますので、午前中の早い段階でほぼ埋まってしまうと思っておきましょう。

「コインロッカーが一杯だから、もう荷物を持ったままでいいや!」なんて思う方もいるかもしれませんが、パーク内にはキャスター付きのバッグは持ち込めないようになっていますので気を付けてください。

 
こういうことを考えると、自宅でできるメイクや準備はあらかじめ済ませ、最低限の着替えだけを更衣室で行うようにした方がいいでしょう。
そして、荷物をできるだけ少なくするために衣類の圧縮パックを利用したり、手鏡などを持参しておくのもいいですね。

 
そこで、入場規制を気にせずに更衣室を利用する方法は…

  • 日付指定券を事前に購入する
  • 開演前から現地入りし、順番待ちをする

この2点につきます!

 
誰もが楽しみにしている特別なイベントですので、やはりそれなりの準備と心構えが必要ということですね…。

日付指定券は確実に入場が保証されているチケット ですので、あらかじめ購入しておくことで不安も解消されますし、行動にも余裕が持てますよね。

 
ここでひとつ注意していただきたいのが、購入するのは「オープン券」ではなく「日付指定券」ということです。

…というのも、ディズニーリゾートでは2016年10月〜12月の全ての土日・祝日が日付指定券限定入園日に指定されています。

これにより、入園できるパークチケットが限定されてしまい、オープン券での入場ができなくなっているからです。
平日にフル仮装日に参加する場合は問題ありませんが、週末や祝日に参加しようと思っている場合は注意が必要です。

 ※2016年は 10/29(土) 10/30(日)がこれに該当します。

この日にパークチケットで入園しようと思っている方は注意してくださいね!

 
 
公式な発表によると以下のようになっています。

該当日に、入園できるパークチケット

  • 日付指定券(1デーパスポート、シニアパスポート、マルチデーパスポート、スターライトパスポートなど)
  • 年間パスポート (東京ディズニーランド、東京ディズニーシー、2パーク年間パスポート※)
  • 株主用パスポート  ※入園制限中は、ご入園いただけません。
  • 該当日に入園保証のあるパークチケット

 
 
該当日に、入園できないパークチケット

       
  • 日付指定のないパークチケット(オープン券など)

※該当するパークチケットには“日付指定券限定入園日は使用できません。”と記載してあります。

 
 
「もうすでにオープンチケットを買ってしまった!!」

「今の段階では、その日に行けるかどうかまだ確定じゃない…。」

なんて場合でもチャンスはあります。

変更可能なオープン券であれば、事前に日付指定券に変更すれば、日付指定券限定入園日に入園することが可能なんです。
※券種変更には、差額の精算と変更手数料がかかります。(ディズニーeチケットのオンライン変更では変更手数料はかかりません。)

 
ですが、該当日の前売券が売り切れの場合は変更出来ませんので、なるべく早い段階での変更をおススメします。

ディズニーチケットの事前購入について、詳しくはこちらの

   ディズニーリゾート予約・購入サイト をご覧ください。

まとめ

フル仮装期間の土日は想像を超える混雑が予想されますので、可能であれば平日にお休みを取りお出かけするのも一つの手です。
(平日は日付指定券限定入園日ではないので、オープン券でも入場できます)

事前にしっかりと準備を行って、確実にパークに入場できる手段を考えておきましょう。
そして、ルールをしっかりと守って思い出に残る素敵なハロウィーンにしたいですね。

スポンサードリンク