ここ数年で京都の一大イルミネーションイベントとしてすっかり定着した「京都イルミエール」。京都府内だけでなく、大阪、兵庫、奈良などの関西圏からだけでなく、その「美」を一目体験しようと日本各地から多くの人が訪れるイベントとなりました。

毎年グレードアップするイルミエールですが、あらためてその魅力と楽しみ方についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

京都の冬のイルミネーションはイルミエールへ行こう!

京都イルミエール~天空の森 希望の灯火~とは?

京都の山の中、曲がりくねった道の先に突然現れる光の饗宴。

今年で5年目を迎える比較的新しいイルミネーションイベントですが、年々その人気は上昇し、今では京都一の人気のイルミネーションイベントとなりました。

 
イルミネーションって、どちらかというと洋風なイメージがありますよね?

キラキラと輝くクリスマスツリーやど派手な光のトンネルや西洋風の装飾。
饗宴というよりはフェスティバルという方がしっくりくるイベントが多いと思います。

しかし、京都イルミエールは「フェスティバル」ではなく「饗宴」という表現がぴったりです。

「饗宴」とは「客をもてなすための宴会」と言う意味。
イルミエールでは西洋風のイルミネーションはもちろん、それだけではなく「希望の灯火」をテーマに約100万球のイルミネーションを和と融合させた、独創的で和モダンな和風イルミネーションも楽しめるんです。

一度で二度おいしい、来た人をとことん楽しませてくれる京都イルミエール。
個人的な感情丸出しで申し訳ありませんが…大好きです!!
 

 

開催期間:2016年10月29日(土) ~ 2017年4月9日(日)

※開催期間中は休みなしで営業、雨天中止もなし

営業時間:16:30 ~ 21:30(21:30 受付終了)

※点灯は日没後、開場時刻は日没時刻に伴い変更する場合あり

入場料:大人:1,000円  ※1/9までの土日祝及び1/3は1,200円

    小人:500円  (4歳以上小学生以下) ※1/9までの土日祝及び1/3は600円

 
こちらは当日券の料金になります。週末の夜やクリスマス時期は入り口前のチケット売り場は混み合いますので、事前に前売り券を購入しておくことをおすすめします!

前売り券はインターネット予約でコンビニ受け取りが出来ますので、家の近くのコンビニで簡単に手に入りますよ ^^

  • 大人(中学生以上) 950円
  • 小人(4歳~小学生) 480円

 
 
※1/9までの土日祝および1/3は 大人:1150円 小人:580円

料金も割引になりますのでお得ですし、待たずに入場するためにも前売りを買ったほうが断然便利です♪
ご予約はこちらからできます。

%e3%82%bb%e3%83%96%e3%83%b3%e3%82%a4%e3%83%ac%e3%83%96%e3%83%b3

%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%82%bd%e3%83%b3

京都イルミエールのみどころ

るり渓でオーロラが見られる!?

イルミエールはキラキラと光るLEDや電球だけではないんです!
昨年、その美しさに多くの人が感動した「オーロラショー」が今年は「日本初デュアルオーロラショー」とバージョンアップして登場します。

 
このオーロラショーはスモークをスクリーン代わりにしてレーザーを当て、オーロラを再現するというもの。初めて聞いたときは「オーロラって再現できるんだ!」とびっくりしました^^;

 
色とりどりの光が空をゆらゆらと漂う光景は本当に綺麗で…。
星空と雪とイルミネーション、オーロラを一度に見ることのできる感動はなかなか味わえるものじゃありません!

 
空だけを見ているとここが日本だということを一瞬忘れてしまいました…。
半径500m以内に電飾がなく、自然の中の透明度の高い空気の中だからこそできる奇跡なんでしょうね。

 

開催期間中 毎日4回上映

① 17:30 〜 ② 18:20 〜 ③ 19:20 〜 ④ 20:30 〜

悪天候時は中止の場合もあります。天気予報をしっかり確認して…祈りましょう!!

スポンサードリンク

イルミエールを見に行くならるり渓温泉へいくべし!

心と身体の癒しの森るり渓温泉とは?

イルミエールを見に行くのならぜひともおすすめしたいのが、イルミエールの会場『ポテポテパーク』の温泉施設 「るり渓温泉」です。

こちらのおすすめポイントは、温泉・温泉プール・食事処・宿泊施設もあり、1000種類の品物を揃えた土産物屋まであるというスパリゾートだというところ。

せっかく京都の山中まで足を伸ばすのですから、イルミネーションだけでなく、他にも何か楽しみたいですよね?るり渓温泉はまさにその『何か』なんです♪

 
なによりも嬉しいのが『渋滞対策』としてるり渓温泉を利用できること。
イルミネーションの始まる夕方、特に週末やイベント時期は会場へ続く道は大変な渋滞になります。

渋滞を避けて朝から会場に来て、夕方までゆっくりと温泉やプールで遊んだり、館内にあるシアタールームや漫画ルームでのんびり体を休めたり。退屈することなく夕方まで時間を過ごすことができるのでとても助かります。

また、宿泊もできますので、遠方から来た人はイルミネーションで冷えた体を温泉でゆっくりあたためて、一杯飲んでそのままおやすみ…なんて贅沢もできますよね♪

るり渓温泉の楽しみ方

るり渓温泉には、通常の大浴場のほかに2種類のエリアがあり、料金プランによって利用できるエリアが変わります。

  • 館内エリア

水着着用エリア:バーデゾーン(ジャグジー湯・イベント湯 )露天風呂、温泉プール

館内着着用エリア:ねころびゾーン(ねころびの部屋・酵素浴・よもぎ蒸し・岩盤浴)

 

  • 料金プラン

お気軽入浴プラン: 大浴場+水着着用エリア  

平日 /大人(中学生以上):700円  小人(4歳〜小学生):350円

土日祝/大人:800円 小人:400円

シニア(65歳以上):400 / 500

気軽にサクッと温泉につかりたいだけなら「お気軽入浴プラン」で十分です。

 

“1日満喫入浴プラン”:大浴場+水着着用エリア+館内着着用エリアのすべてを利用できる

平日 /大人(中学生以上):1,200円  小人(4歳〜小学生):700円

土日祝/大人:1,500円 小人:1,000円

シニア(65歳以上):設定なし

 

2万冊という漫画喫茶並みのクオリティの漫画ルームやシアタールームがあるのは館内着着用エリア内。朝からイルミネーションの時間までゆっくりのんびり楽しみたい人はこちらのプランがおすすめです。
 

魅力的な施設がたくさんありますが、イチ押しは酵素浴です。
酵素浴とは身体を芯から温めて、新陳代謝を促進する入浴法。

入浴といっても温泉のようにお湯の中に浸かるのではなく米ぬかの中に体をうずめる、いわば砂風呂のようなものです。

こちらの米ぬか、約5,000種の酵素に天然の米ぬかを配合したもの。自然に熱を発するのでぽかぽかと体が温まってくるのがとても不思議なんです!

体内に不足している酵素の補給で免疫力が高まり、美肌効果やデトックス効果が期待できますので女性の方には特におすすめ。

 
砂風呂は「熱い」というイメージがありますが、こちらの酵素浴はじわじわぽかぽかと体が温められるので、とても心地いいのが特徴。

ぜひ一度試してみてください。不思議な体験ができますよ♪

 
※営業時間:11:20~19:20
※利用料金:1,900円

京都イルミエールへのアクセス方法

京都イルミエール会場「るり渓温泉ポテポテパーク」

〒622-0065 京都府南丹市園部町大河内広谷1-14

るり渓温泉への車でのアクセス方法

京都市内、大阪市内、神戸市内から約1時間というアクセスの良さも人気の一つでしょう。
カーナビでは「るり渓温泉」と検索するとすぐにでてきます。

map

出典:京都イルミエール http://www.kyoto-illumiere.com/

 
無料駐車場(700台)があります。

土・日、祝祭日は混雑する事が予想されます。駐車場が満車の場合は駐車場周辺で待たなくてはなりませんので公共交通機関の利用も検討したほうがいいでしょう。

混雑状況によっては日生中央駅やJR園部駅周辺のコインパーキングに停めて、無料送迎バスで行った方が早く入場できる場合もあります。

また、会場へむかう山道では野ウサギや鹿が飛び出してきますので、十分に注意してください!^^;!!本当に出ます!笑

るり渓温泉への電車・バスでのアクセス方法

  • 京都方面 JR京都駅から約1時間(山陰本線快速で園部駅下車 約35分 。園部駅から無料送迎バス 約30分)
  • 大阪方面 阪急梅田駅から約1時間30分(阪急宝塚線で川西能勢口乗換、能勢電鉄 日生中央駅下車 約50分。日生中央駅から無料送迎バス 約35分)

 

主要な駅から無料バスが出ているのは何とも嬉しいですよね。

こちらがバス停の場所です。

%e3%83%90%e3%82%b9%e5%81%9c

出典:京都イルミエール http://www.kyoto-illumiere.com/

まとめ

京都イルミエールはよくあるイルミネーションスポットとは一味違う、和洋折衷なイルミネーションが楽しめる数少ないイベントです。

イルミネーションだけでなく、るり渓温泉も誰もが楽しめるスパリゾートですので、ここに行って損はない!と声を大にしておすすめしたい、私の一押しイルミネーション。

忘れられない感動を一緒に分かち合いましょう!

スポンサードリンク