11月15日は七五三ですね。
今年、七五三を迎えた皆さんおめでとうございます。

 
七五三は、お子さんの今までの無事の成長への感謝と、これからの健やかな成長を祈るもの。
とてもおめでたいお祝い事ですので、身内や親戚からお祝いを頂いた方もいるのではないでしょうか。

 
そこで、ふと気になるのが七五三のお祝い返し。

一般に、七五三のお祝い返しはいらないと言われていますが、我が子の成長を祈りお祝いをしてくださった方にはきちんと礼を尽くしたいですし、マナーも気になるところ。
そこで今回は、おすすめの七五三のお祝い返しとマナーについてご紹介します。

スポンサードリンク
  

七五三のお祝い返しはこれがおすすめ!

おすすめのお返しは?

お祝い返しの方法は地域や家庭によって様々ですが、最近では
 

  • 食事会等に招待する
  • 内祝の品物を贈る

 
この2通りの方法が一般的です。

 
おすすめは、お参りの後にお祝いの場を一緒に共有できるようなお食事会を催し、親族を招待して食事代をお礼とする方法です。

この場合、食事の場所は落ち着いて食事ができるような個室のあるレストランやホテル。料亭などを選んだほうがいいでしょう。

 
着物や袴、スーツなど、日頃慣れていない服を着ている事もあり、お子さんはお参りが終わるともう疲れてしまっているかもしれません。疲れているだけならまだしも、ぐずって泣き出してしまったり。

そういう場合にも、個室ですと他のお客さんの目を気にする事はありませんし、ゆっくりできますよね。

 
特におすすめなのはホテルでの食事会です。
七五三の時期にはホテルがいろいろな七五三プランを準備しています。

個室料金が無料になったり、名前入りのデザートのサービスなどの特典があるホテルもありますし、プランも充実しているんです。

 

  • 着物や袴をレンタルして、お子様の着付けと写真撮影までがセットになったプラン
  • ホテル内にある和食・フレンチ・イタリアン・中華・多国籍料理レストランのお好きな料理が選べるプラン
  • ホテル内の神殿で御祓いの儀ができるプラン

 
このように、ホテルによっていろんな面白いプランがありますので、皆さんにも満足してもらえると思います。

また、男の子の七五三の場合は、袴にするかスーツにするか…非常に迷うところですよね。

『お参りはスーツで、食事会はホテルで袴に着替えて写真撮影』とすれば、スーツと袴どちらの写真も残せます。

また、スーツは購入しても小学校の入学式などで着ることができますし、無駄にもなりません。
なによりも、お子さんが大きくなったときに、自分の子供の頃の写真が沢山残っているのは嬉しいものです。

 

食事会を開くだけでいいの?

お食事代がお祝いのお礼となりますのでこれだけでもいいのですが、お赤飯や千歳飴などのちょっとしたお土産を準備すると更に喜ばれます。

食事代とのバランスを見ながら、相手にとっても自分にとっても負担にならない程度で、ご夫婦で話し合って決めるのがいいと思います。

なかには、とても高額なお祝いを頂くこともあるかもしれません。
そういう場合は、頂いた金額を考えて、後日その方の好きなものを贈るのがいいでしょう。

スポンサードリンク

 

七五三の内祝いのマナー

「食事会みたいな大げさなものはちょっと…。」

「両親や親族が遠くに住んでいるので食事会に参加できない・・。」

このような場合には内祝いとして、品物を贈るのが一般的です。

相場として七五三の場合は、頂いたお祝い金の3割~半額程度でお返しをします。

 
贈るものは日持ちのするお菓子、ブランド物のタオルや茶器、高級なお茶などの使いやすい品物が人気ですが、ギフトカタログなども先方の好きなものを選んでいただけるので、とても喜ばれます。

また、ケーキや和菓子などに子供の名前を入れてくれるサービスも人気です。

いずれの場合も、もらった人が気を使ってしまうような高額なものは避けましょう。

お返しを送る時期

お返しはお祝いを頂いてからなるべく早く贈るようにしましょう。時間が経ってから贈るのは、失礼にあたります。

具体的にはお祝いを受け取ってすぐか、遅くても1~2週間以内に贈るのがマナーです。

 

  • 表書き・・・「七五三内祝」
  • のし紙・・・紅白 蝶結び
  • のし下欄・・・子供の名前のみ

 
郵送する時の差出人は、親の名前で送ります。
のし下欄の名前はお子さんの名前のみというところに気を付けてください。
 

また、先方からお礼の電話が来る前に、「送りましたのでお受け取り下さい」というような電話をあらかじめ入れておいた方がベストです。
その際にお子さんに電話で直接「ありがとうございました!」なんてお礼を言われたら、先方もとても喜ばれると思いますよ。

両親にもお返しは必要なのか?

七五三のお祝い返しは両親にも必要なのでしょうか?
お子さんにとってはおじいちゃん、おばあちゃん。ご両親にとっても実の親にあたりますし、そこまでかしこまらなくてもいい気はしますよね。
 

ですが、子どもの成長を一番喜び楽しみにしてくれるのは両親。
今までもこれからも、様々な面で支えてくれ、応援してくれるのですから礼を尽くす意味でもお返しはしたほうがいいと思います。

 
ですが、この場合はなによりも気持ち重視で。内祝いの品物などよりもお子さんと一緒に食事をする機会や、一緒に遊ぶ時間をつくったほうが喜ばれます。
こういう面でも、お食事会はお祝いのお返しとしておすすめなのです。

 
遠方で参加が難しい場合は、デジタルフォトフレームにお子さんの写真をたくさん入れて送ってあげるなどいかがでしょう?
その時、おこさんが字が書ける年齢なら直筆のお礼状(かわいらしい手紙で十分)を添えると、おじいちゃんおばあちゃんはきっと大喜びです!

まとめ

元々は「七五三のお祝い返しは不要」と言われているので、そんなに深刻に悩む必要はありません。

高価な品物を贈るより、わが子の成長を祝っていただいたことに対する「感謝の気持ち」がなにより大切ですよ。

スポンサードリンク