自衛官

自衛官の彼とのお付き合いって、正直いろいろと大変だと思います。

勤務や休みのシステムが普通の会社とちょっと違うし、話を聞いてもなかなかイメージできなくって…そもそも言葉の意味がわからなかったりしますよね。

プレゼントも、やっぱりいつも身に着けてくれるものや喜んでくれるものを贈りたいけれど、普段身につけられるものにもいろいろと制限があって、何を贈ればいいのか迷うこともあると思います。

そこで、今回は元自衛官の視点から男性自衛官がもらって嬉しいプレゼントや、もらって困ったプレゼントをご紹介します。

スポンサードリンク
  

自衛隊の彼氏とのバレンタイン

自衛官の彼氏へなにかプレゼントを贈ろうと思ったとき、ちょっと考えちゃいますよね。
独身だとほとんどの場合が駐屯地内の寮で生活してると思いますし、部屋も先輩や後輩との相部屋。

 
どんな環境で生活しているのか、普段仕事をするときにどんな格好なのか。
目にする機会がほとんどないので、何をプレゼントすればいいのか迷うと思います。

 
バレンタインといえばやっぱり定番はチョコレートですけど、市販のチョコじゃ味気ないし、手作りを渡したいと思っても寮生活だと同僚の人に自分がどんなチョコを作ったか見られちゃうんじゃないかって心配したり。

 
付き合って間もない場合は特に、とにかく「」のことがよくわからないのでいろいろと悩んでしまうこともあると思います。

 
でも、自衛官だって普通の男の子なんです!
彼女からもらうプレゼントはなんだって嬉しいですし、自衛隊だからって迷彩が好きとか、ミリタリーものが好きとか…そんな特別なことはありません。

 
売店でメンズノンノやPOPEYE、smartを立ち読みしながら

「あー。このアクセサリーカッコいいなー!」

「この財布超ほしい!」

なんて、普通の男の子と変わらない事言ってるんです。
プレゼントを選ぶ時は、自衛官だからと特別に考える必要はそんなにないと思いますよ。

 
ただ、やっぱりちょっと規律や仕事の環境が特殊なので、もらったプレゼントをいつも身につけることが出来なかったり、普段なかなか使う機会がないものというのもあります。

 
そのあたりを踏まえて、自衛官の男性が日常でも使えるような物やもらうと嬉しいもの、困るものをご紹介しますね。

(私は陸上自衛官だったので、ちょっと陸自寄りの目線になってしまいますが、ご了承ください(;’∀’)!)

バレンタインプレゼントで自衛隊の彼が貰って嬉しいものは?

時計

結婚指輪以外のアクセサリーの着用が禁止されている自衛官にとって、堂々と身に着けることのできる一番のおしゃれアイテムが時計です。

 
多くの自衛官が仕事用と外出用で時計を使い分けていますが、私個人としてはプレゼントするなら仕事用の時計をおすすめします。

 
時間で動く自衛官にとって腕時計は絶対になくてはならないものですし、若い隊員は仕事の間は必ず身に着けるもの。いつも一緒にいられないぶん、時計だけでも身に着けてくれたら嬉しくないですか?^^

 
演習や訓練など、仕事中はハードな環境での使用が多いので、防塵・防水で耐久性のあるG-SHOCKや野外で便利なコンパス機能の付いたものが人気です。


 
中でも嬉しいのが電波時計です。
時間で動く自衛隊では、隊員みんなの時計が同じ時間を指していることが重要ですので、時間のずれには特に敏感なんです。

 
時間のずれを自動で修正してくれる電波時計は狂いがないので使い勝手が良く、とても助かると思いますよ。

コインケース

男性の財布といえば革財布ですけど、自衛官で仕事中に革財布を持ち歩いてる人はそんなに多くありません。財布も外出用と仕事用を使い分けてる人が多いんです。

 
…というのも、立ったり座ったり、時には地面に這いつくばったり。笑
普段の仕事の中でも、いろんな動きをする事が多いのでポケットの中にはあまり邪魔になるものを入れておきたくないんですよね。(^-^;

 
駐屯地や基地内にいると、お金を使う機会も売店や喫茶店くらいしかないので、カードやお金を沢山持ち歩く必要もありません。

 
ポケットにコンパクトに収まるおしゃれなコインケースや、小さめの折りたたみ財布をプレゼントすると仕事中も使えて嬉しいと思います。

手作りチョコ

バレンタインといえばやっぱりチョコレート。
市販の物でも十分嬉しいと思いますが、彼女からの手作りはなおさら嬉しいものです。

 
寮生活だと、いつも周りに先輩や後輩、同期がいる環境ですので、女子トークならぬ男子トークもかなり濃い内容で繰り広げられて盛り上がります。

 
24時間同じ年代の同僚と一緒に生活してるんですから、お互いに、彼女の話やもらったプレゼントの話をする機会も多いんです。

 
「手作りチョコなんて別にいいや」なんて思っていても、他の人からそんな話を聞くと「手作りもいいな…」って正直思うみたいですよ。笑

 
でも、そんな「筒抜け」の環境だからこそ、逆に「ヘタなものは作れない!」としり込みしちゃいますよね。

 
そこは「絶対に一人で食べてね!他の人に見せちゃダメだからね!」と念を押しておくと大丈夫だと思います!

 
若い隊員の子も、体育会系の縦社会の中で、先輩から
「手作りチョコもらったの?見せろよー。(*-∀-)ノ゙」なんて言われても
「いや!これは無理っす!すみません!彼女にダメって言われてるんで…!」
と頑張って死守してました。笑

ジャージ、ウィンドブレーカー

ちょっと実用的なものになってしまいますが、腕時計と同じく毎日必ず着るものがジャージ。
体力練成での駆け足は毎日の日課ですし、仕事が終わって寮の中での基本スタイルはジャージです。

 
何枚持っていても困ることはありませんし、普段の生活が迷彩服かジャージの2択しかありませんから、外出以外ではジャージが唯一のおしゃれを楽しむチャンスなんですね。

 
おすすめは風を通さないウィンドブレーカー。
普通のジャージだと冬場は寒いので、ウィンドブレーカーを着る機会の方が圧倒的に多いんです。

どちらをもらっても嬉しいんですけど、使う機会が多いということを考えるとウィンドブレーカーの方がおすすめです。
つらい駆け足も彼女からもらったウィンドブレーカーを着ると、かなり頑張れると思います!

スポンサードリンク

自衛官がもらって困るプレゼント

逆に、自衛官の男性が貰って困るプレゼントについてご紹介します。

正直、もらって困るものというのはなかなかないみたいなんですけど、強いて言うならというのを元後輩や同僚にリサーチしてみましたのでご紹介します。

迷彩グッズ

付き合い始めの頃にもらうことが多かったプレゼントが迷彩柄のグッズだそうです。

「自衛官だからミリタリー系がいいのかなと気を使って贈ってくれたんだろうけど、迷彩柄のバッグや財布はもういい…。」

「自衛官もプライベートは普通でいたいって思ってるもんなんだよね…」

という声が聞かれました。

 
確かに、毎日迷彩を着ていますし、売店に行けばいろんな迷彩グッズが売っています。
自分で購入することもありますけど、それはあくまで仕事上迷彩の方が都合がいいからという理由なんですよね。

 
私服で迷彩柄なんて着ていると、上官や先輩から「お前自衛隊好きだなー!」と必ずツッコミをもらいます。笑

迷彩グッズはよっぽどミリタリー好きな彼以外では避けておいた方がいいですよ。

手編みのセーターやマフラー

これは自衛官に限ったことじゃないと思いますが、「付き合ってからならOKだけど、付き合う前のバレンタインプレゼントとしては手編みは重い…」という声が多数ありました。

 
感じ方に個人差はあると思いますし、手編みをもらって嬉しいと感じる人もいると思うのですが、あまりにも声が多かったのでリスクが高いのかなぁともらって困るプレゼントに分類しました。

 
私個人としては手編み…いいと思うんですけどね。(^-^;

お酒

自衛隊の駐屯地内は基本的に飲酒禁止。

お酒を飲みたいときは、駐屯地内にある居酒屋のような隊員クラブに行くか、外出して居酒屋などにいくしかありません。

 
「お酒が好きだから」とワインや焼酎をもらっても、持ち込むことができないので泣く泣く実家に送ったり、実家が遠い場合は彼女の家に置かせてもらうことになります。

 
せっかくもらった物を「ゴメン、預かっといて」と言うのはなかなか辛いものですし、言われるのも嫌ですよね。

寮を出て、外に家を借りてる彼氏以外にはお酒のプレゼントは止めておく事をおすすめします。

自衛隊にいる彼氏と会えない!そんなときは…

最後に、自衛官の彼氏がいる人あるあるな「バレンタインなのにデートができない!」という悩みについてのお話です。

 
寮生活で門限もあると、なかなか自由にデートをしたりイベントを過ごすことも難しいですし、訓練や当直、残留といった「なんなのそれ?」というような理由で会えないこともありますよね。

 
よくわからないからこそ不安になったり、本当なの?とつい疑ってしまうこともあるかもしれませんが、どうしても「どうにもならないこと」というのがあるんです。

 
彼女を持つ自衛官の誰もが、やっぱりバレンタインは彼女と一緒に過ごしたいと思ってるんですけど、訓練や特別勤務は日にちを選ばないし、誰かが当直や残留といった当番につかなくちゃいけません。

 

「ごめん…、当直で会えないんだよね」

「バレンタインは残留で外出できない…」

 

もしかしたら、こう言われることがあるかもしれませんし、もしかするとすでに言われてしまったかもしれません。

でも、きっと…いや、間違いなく「彼女に悪いな…」と思っていると思いますよ。

 
バレンタイン当日にチョコやプレゼントを渡すことができない時は、バレンタインの後よりも前のデートの時に渡すことをおすすめします。

 
後からだと
「もらえるかな?…もしかして当日にデートできなかったことまだ怒ってるかな?(;´・ω・)」
とドキドキするんだそうです。

unhappy_man3
 
長期の訓練や入校などで遠くに行っていて、2月に会えないような時は、彼がいる駐屯地へプレゼントを送るのも一つの手です。手紙を出したいからと住所を聞いておけば教えてくれますし、宅急便などの荷物の発送も普通にできます。

 
気を付けてほしいのは、サプライズでびっくりさせたいからと、彼に内緒で自分で住所を調べてこっそりプレゼントを駐屯地へ送る場合です。

 
駐屯地内にはたくさんの部隊が駐屯していますので、「○○駐屯地」と住所と駐屯地名、名前を書いただけでは、彼のもとへすぐにプレゼントは届きません。

 
彼がどこの部隊に所属しているのか、調べなくてはいけなくなって、もしかすると「送り主には部隊名を書くように伝えておいて」と、彼が指導を受けることもあるかもしれません。

 
できれば事前に「どう書けば彼のもとへ手紙が届くのか」を自然に聞いておいた方がいいですよ。

まとめ

以上、12年間の自衛隊生活を通して感じた、自衛官の男性が貰うと嬉しいプレゼントと元同僚にリサーチしたもらってちょっと困ったプレゼントをご紹介しました。

 
やはり、普段身につけることができるものというのが、彼女を身近に感じられて嬉しいようですし、あげる側としてもいつも身につけてくれると嬉しいですよね。

 
自衛官と考えると、ちょっと特殊な感じがしますが、中身はいたって普通のどこにでもいる男性です。
仕事で使えるものと考えるとちょっと悩んでしまいますが、ネックレスや指輪などのアクセサリーも、休みの時には使うので「あげても仕方ないしな…」というほどでもないんです。

 
あまり深く考えずに、彼が好きだと言っていたもの、好きそうなものを選んで送るのもありだと思いますよ^^

 
この記事がプレゼント選びの参考になったなら嬉しいです。
素敵なバレンタインになるよう応援しています!

スポンサードリンク