母の日 プレゼント 渡し方

 
もうすぐ母の日。

プレゼントを準備したけど、いざ渡すとなるとなんだか照れくさいですよね。

 
「お母さん いつもありがとう」なんて、恥ずかしくってとてもじゃないけど言えないですもん(〃ノωノ)!

 
いつもいろいろ考えるのですが、結局…

 
「はい……。(-ω-´*)彡プイッ」

と、照れ隠しにそっけなく渡すことしかできません。笑

 
さりげなく渡す方法ってなにかないかなー?と気になったので、世の中のシャイな仲間たちがどう渡しているのかを調べてまとめてみました!

スポンサードリンク

母の日のプレゼントの渡し方 恥ずかしい時はどう渡す?

私、母の日のプレゼントを買った時って、なんだかものすごい満足感でいっぱいになるんですね。笑
 

母の好きなものや、似合いそうなものを準備して、母の喜ぶ顔を想像するとなんだか母の日当日がとても楽しみになってきて♪
 

でも、いざプレゼントを渡す時になると、なんだかとてもそわそわしてしまって…。

 
実の親相手に何恥ずかしがってるんだろうって思いますけど、実の親だからこそ恥ずかしいんですよね。(;’∀’)

 
私と同じ思いを抱いている人が他にもいるはず!…と調べてみたら同じようなシャイな仲間がいろんな工夫をして渡していました!

ラインを使ってプレゼントを渡す

母の日に面と向かってプレゼントを渡すのがどうしても恥ずかしい時にラインを使ってプレゼントをメッセージを送るパターンです。

 

クリックすると大きくなります

 

iejxFGUr

_zyj4Kyu

yHJcUc5g
 

こうしてメッセージを使って、ゲームっぽくプレゼントを渡すことで恥ずかしさもちょっぴり和らぎますね。

 
最後に勢いに任せて感謝の言葉をメッセージで伝えます。

手紙だと恥ずかしいですけど、ラインだとハードルも低くて送りやすそうですよねヾ(●´∀`●)

一緒に住んでいるのにプレゼントを郵送する

一緒に住んでいるのにも関わらず、カーネーションの花やスイーツなどの母の日のプレゼントを郵送で届ける。

 
面と向かって渡す恥ずかしさからも解放され、まさか一緒に暮らしてる子供からの贈り物だとは思わないサプライズ感も演出できるおいしい方法です♪

 
「いや、びっくりするかなと思ってさ」と、「恥ずかしいとかじゃないんだよ。あえて狙ってやったんだ感」を出すのがポイントですねヾ(●´∀`●)

やっぱり王道!さりげなく置いておくパターン

学校や会社に朝出掛ける時はいつものように家を出て、実はこっそりお母さんの部屋やベッドにプレゼントを置いておく。

 
面と向かって渡せない時は、絶対にお母さんが気付く場所にこっそりさりげなく置いておくのが一番ハードルが低いですよね♪

 
家に帰ってから「ありがとう!」と言われたときは恥ずかしいですけど、その時は次にご紹介するセリフやメッセージで切り抜けましょうd(‘v`●)

 

スポンサードリンク

母の日のプレゼントを渡す時はなんて言う?言葉やセリフ メッセージ例

母の日にプレゼントを渡す…。

直接渡すにしても、さりげなく置いておくにしても、渡すときに言葉やメッセージカードが必要ですよね。
 

メッセージカードならまだしも、直接渡す時になんて言えばいいのか…。

いろいろと考えてしまいます。

 
そこで、ここではプレゼントを渡す時のセリフや、贈り物に添えるメッセージカードの言葉。

「ありがとう」と言われたときに「あ、うん。(〃^〃)」以外に使える言葉をまとめてみました!

英語でメッセージカードを書いてプレゼントに添える

母の日にメッセージカードを書くのも恥ずかしい!

そんな時は英語で感謝の言葉を伝えてみてはどうでしょう?

 
いや、お母さんに感謝の気持ちを伝えるのがなんで恥ずかしいって、日本語だから恥ずかしいんだと思うんです。

 

  • いつまでも元気でいてね
  • I hope you stay well forever.

  • 母の日にありったけの愛をこめて。
  • All I have to give you is my love on Mother’s Day.

 

照れくさいセリフも英語だとなんだか書けそうな気がしませんか?

「どういう意味?」なんて聞かれたら「知らない(〃^〃)」って言っておきましょう♪

きっと、いや間違いなくお母さんは自分で検索するはずです。笑

 
それを踏まえて、気持ちがきちんと伝わるように、凝った英文よりも調べるとすぐにわかるようなものがいいかもしれませんね(´∀`●)

ありがとうとは伝えない

いやー…。うちのお母さんは英語ってキャラじゃないもんなー…。(;´Д`A “`

そんな時はもう日本語で書いちゃうしかありません。

 
母の日のプレゼントやメッセージが照れくさいのって、「ありがとう」とか「感謝してます」を言葉で伝えようとするから恥ずかしいんだと思うんです。

 

「最近疲れてるんじゃない?たまにはゆっくり休んでね。」

「これ食べたいって言ってたよね?お母さんのためにわざわざ買ってきた。笑」

「膝が痛いって言ってたでしょ?これ効くらしいから飲んでみて」

「これ、お母さんに似合いそうだなと思って。良かったら使って」

こんなメッセージは、「ありがとう」よりも断然言葉にしやすいですよね。

 
私が「いつもありがとう」ってなかなか言えなかった時によく使ってたメッセージなんですけど。

 
ストレートに「ありがとう」と伝えなくても、「母の日だからか…(〃ω〃)」と気持ちは十分伝わってたと思います!

(カーネーションのプレゼントには使えないんですけどね。笑)

 
それに、直接渡さなかった時に「ありがとう♪」と言われたときの返事の言葉としても使えて便利なんですよね♪

 
ツンデレ感はたっぷりですが、それも逆にお母さん的には嬉しいんじゃないかなと密かに思ってます。(ノ∀`)

メッセージは自分で書かない!

極論を言えば、そもそもメッセージを自分で書こうとするから恥ずかしいんですよね!

 
通販の母の日ギフトにはメッセージカード付がほとんどですし、これを利用しない手はありませんヾ(●´∀`●)

 
こんな「食べられるメッセージの電報」もあるので、サプライズに贈ってみるのもいいですよね。

 
「家にいるのにあえて郵送パターン」で母の日当日に贈ると、プレゼントもメッセージも一度に伝えられるし、サプライズも演出できて素敵じゃないですか?♪

 
マシュマロ電報



母の日のプレゼントはいつ渡す?恥ずかしい時のさりげない渡し方のまとめ

母の日のプレゼントのさりげない渡し方。

いろいろとご紹介させていただきましたがいかがでしたか?

 
私も最初は「ちゃんと気持ちを伝えた方がいいかなー…。」と考えてましたが、今は「恥ずかしいなら恥ずかしいなりの方法で、自分なりの母の日の贈り方でいいじゃないか!」と開き直ってます。笑

 
どんな物を贈っても、どんなメッセージを贈っても。

きっとお母さんはなんでも喜んでくれると思うんです゚(*´∪`)

 
皆さんにとってもお母さんにとっても、素敵な母の日になるといいですね!

最後までお読みいただいてありがとうございました!

スポンサードリンク