pet_neko_sleep
『よし。今日も一日よく頑張った、寝よう!』
…と思って布団に入った瞬間『…布団冷たっ!!』なんていう経験ありませんか?

冬のあるあるな一コマですが、布団が暖かくなるまで寒さに震えたり、お風呂や暖房でせっかく暖まった体が冷えてしまってなかなか寝付けなかったり。

どうにかならないかなぁ…なんて思いながらも毎日我慢して布団に入っている方も多いんじゃないでしょうか?

布団に入った時くらい「あったか~い」と気持ちよく眠りにつきたいですよね。
今日はそんな「冬の就寝時の寒さ対策」についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

布団が寒い!!寝るときの寒さ対策!

布団が寒いのなら暖めればいいじゃない!…というのが一番簡単な答えなのですが、ただでさえかさむ冬の暖房費。できれば低コストで抑えたいですよね。

そこでまずは、電化製品や道具を使わずにちょっとした工夫でできる寒さ対策をご紹介します。

まず最初に思い浮かぶのは寒さ対策の王道「重ね着」ではないですか?

ほとんどの方がスウェットやフリースを重ね着して寝ているかと思いますし、中にはタイツやヒートテックの肌着に毛糸の腹巻、もこもこの毛糸の靴下!なんて完全装備で布団に入る人もいると思います。

厚着をして寝るのは確かに一番手っ取り早い寒さ対策ですが、これだと寝返りがうちにくかったり圧迫感を感じて寝苦しかったり。

寒くはないけれどぐっすり眠れないことがあると思います。
そこで厚着以外に出来る寒さ対策を見ていきましょう。

羽毛布団の上に毛布をかける

誰もが当たり前だと思っている毛布と布団の順番。
今さら何を言ってるんだと思われるかもしれませんが、あなたのその布団のかけ方は本当に正しいですか?

もっとも「あったか効果」が低いのは、体の上に直接毛布をかけてしまうこと。
暖かい状態をつくるには、「羽毛布団を直接体に触れさせる」ことが不可欠なのです。
羽毛は体温を感知して膨らみ、保温性を高める性質があります。羽毛布団と体の間に毛布があると、この効果を遮断してしまいます。
秋口の肌寒さを軽減したいなら、体の上には羽毛布団、その上に毛布、という順番を鉄則としましょう。”
出典:ねむりラボ

そうなんです!

私の周りの友人や知人もそうなのですが、多くの人が毛布の上に掛け布団をかけて寝ています。
ですが、掛け布団が羽毛布団の場合は、布団の上に毛布をかけなければせっかくの保温効果が機能しないというのです。

futon_kasane_atataka

羽毛布団を使っていて、毛布を布団の下にかけている人は、まずは布団の上にかけることから始めてみてください。寒い布団が暖まるまでの時間が短縮されるのが実感できますよ。

 

さて、羽毛布団はその性質上直接肌に触れた方が保温効果が高まるということですが、これが羽毛ではない普通の布団の場合だとどうなのでしょうか?

気になって友人数名にも協力してもらい検証してみたのですが、結果として

  • 毛布が下の方が暖かい :3名
  • 毛布が上の方が暖かい :7名

という結果になりました。

 
感じ方は個人差によるところが大きいかと思いますが、羽毛布団でなくても毛布が上の方が暖かいという答えが2/3以上となったんです!

 
傾向として、寝ている間に毛布を蹴とばして足元に丸めてしまうような寝相の悪い人は、毛布を布団の上にかけることで安定感がでて、朝方寒さに目を覚ますことが減ったようですし、熱が外に逃げない感じがするという意見も多く見られました。

 
対して、毛布自体がふわふわした毛足の長い毛布を使う場合は肌にあたる部分が暖かくなるので布団の中にかけた方がよかったという声も聞かれました。

羽毛布団以外の場合は自分の寝相や使っている毛布によって毛布の順番を変えた方が効果があるようです。

試しに一度毛布を上と下、両方のパターンで寝てみてどちらが暖かいか試してみてください。

電気毛布と湯たんぽはどっちがおすすめ?

物を使わない寒さ対策を万全にしてもまだ寒い場合はいよいよ電化製品や道具に頼りましょう!

寒い布団を暖めるためのグッズとしておすすめなのはやはり
 

  • 電気毛布
  • 湯たんぽ

です。
 

電気毛布はわかるとして、湯たんぽってなんだか昭和のレトロな感じが漂いますが、技術が進歩した現代でも最前線で使われているのはなにか理由があるのでしょうか?

実は私も「この平成の時代に湯たんぽって!」とバカにしていたのですが、使ってみたら手放せなくなりました。

スポンサードリンク

湯たんぽの効果

湯たんぽには大きく電子レンジで温めるものと熱湯をいれる物の2種類があります。
ゴム、陶器、プラスチック、ブリキなどの材質によって保温時間は異なりますが、短い物でも4~5時間、長いものだと朝まで温かさが持続します。
 

電気毛布の場合寝ているときに暑すぎて汗をかいたり、布団を蹴とばしてしまったりして、朝方寒くて目が覚める人もいるかと思いますが、湯たんぽだと熱すぎず、寒すぎずとてもいい具合にあたためてくれるんです。

 
また、他の暖房器具と比べてさらにおすすめのポイントは、部分的にポイントで温めることができ、なにより乾燥しないということが一番です。

多くの場合暖房器具を使うと乾燥してしまい喉が渇いて痛めてしまうこともあるのですが、湯たんぽの場合は乾燥することがありません。

 
手先が冷えて眠れないときは二の腕の下部分を温めることで、指先に温かい血液が循環します。
また、部分的に温められ、徐々に温度が下がっていく湯たんぽは人間が熟睡するために必要な体の温度調節の面から見ても、とても優れた暖房器具といわれているんです。

 
しかし、低温やけどなどのおそれもありますので、使用の際はしっかりとタオルやカバーで包むようにしましょう。

 
使い方はとても簡単です。就寝の少し前に、布団の足元あたりに入れておくだけ!
ゴムやプラスチックの素材の場合は熱湯を入れると変形してしまいますが、陶器やブリキ材質ですとかなり熱めのお湯でも平気です。

 
値段も1000円台で購入できますし、電気代もかからないのでとてもエコでお得な暖房アイテムですよ。冬の布団の冷たさに悩んでいる人はぜひ一度検討してみてください。

電気毛布の電気代は安い!コスパ最強の暖房器具

湯たんぽと並んで冬の寒い布団に欠かせないのが電気毛布です。
ペラペラの薄い毛布から伸びたコードが、見方によってはなんともシュールですが、見た目とは裏腹にその暖房効果とコストパフォーマンスは数ある暖房器具の中でも最強だと思います。

電気毛布には掛けタイプと敷タイプ、掛け敷両用タイプのの3種類があります

 

  • 掛けタイプ
  •  重たい布団や毛布が苦手な人におすすめ、敷タイプに比べて大きく包んで温められている感が強いが寝相が悪いと蹴とばしてしまい意味がなくなるので注意

     

  • 敷タイプ
  •  
     掛けタイプに比べ電気代が安く済む。寝相が悪くても大丈夫。腰回りがとても暖かいので腰の冷えに悩む人には特にいい

     

  • 掛け敷き両用タイプ

 敷き毛布としても掛け毛布としても使えるように設計された両用タイプ。最近では最も人気がある

 
冷え込みは下から来るので、敷タイプの電気毛布を使っている人が多いようです。

個人的には掛けと敷きをダブルで併用すると熱すぎるておすすめできません。

自分のタイプにあった電気毛布をチョイスしてどちらか片方を使うことをおすすめしますよ^^

電気毛布の使い方

寝る前に布団を暖めるためだけに使う人もいれば、朝までつけっぱなしの人もいますが私のおすすめは…

  • 敷き毛布を「中」で寝る30分くらい前からつけておいて、寝るときは弱に切り替えて朝までつけっぱなし

です。

 
熱は下から上にいきますので、敷き毛布の場合だと弱でも十分布団に熱がこもります。

 
中のまま寝てしまうと夜中に熱くて目が覚めてしまったり、寝汗をかいて風邪をひいてしまうことがあります。電源をオフにして寝てもいいのですが、その場合はある程度着込んだ状態で寝ないとやはり後々寒くなってしまうんです。

 
弱で朝まで使うと、スウェット1枚だけという薄着でも十分暖かく眠ることができますので圧迫感もなく快眠しやすいと感じました。

 

コスパ最強といわれる所以ですが、電気毛布の電気代は強の場合1時間で平均0.1円程。
24時間つけっぱなしでも月70円弱なんです!

 
月約70円で布団が寒いという悩みから解消されるなら安いものじゃないですか?

 
また、電気毛布を使って素早く布団全体を暖めて、湯たんぽで体を部分的に温めるという使い分けをすれば、布団の悩みだけでなく体にとってもいい環境を作ることができるので併用するのもおすすめですよ。

布団が寒い時の対策で効果のあるもの

湯たんぽと電気毛布以外に効果のあるものについて紹介します。

布団乾燥機

布団乾燥機が家にある場合は布団乾燥機がおすすめです。

冬の布団が布団が冷たいのは、布団の中の綿などが湿気を含んでしまっているから。

この湿気を取り除いた状態と残っている状態とでは、電気毛布や湯たんぽを使ってもその効果は変わってきます。

布団から湿気がなくなれば電気毛布などなくても温かいですし、布団だけでなくお部屋全体の温度も上がりますのでエアコン代の節約にもなります。

ドライヤー

布団乾燥機が家になくてもドライヤーならあるという人は多いと思います。

ドライヤーの温風で布団の中を暖めるだけでも、布団に入った瞬間の寒さは断然違いますよ。

私も電気毛布を購入する前はずっとドライヤーを使って布団を暖めていました。

ドライヤーを使用する際は背面の空気の取り込み口を布団の外に出して使用するようにしましょう。

持っておくのがめんどくさいからと、布団の中にドライヤーを突っ込んで放置しておくのも加熱の可能性があり危険ですのでやめましょう!

まとめ

毛布の順番を変えるだけでも冬の夜の布団の寒さは全然違ってきます。

また、電気毛布や湯たんぽは金額的にもそんなに高価ではないもの。

快適な冬の睡眠がちょっとした出費で手に入りますので、まだお持ちでない方は一度検討されてはいかがでしょうか?

あなたに素敵な夜が訪れますように!

スポンサードリンク