以前暖房器具は使わない!お金をかけない床の底冷え対策や窓のぷちぷち防寒法という記事で、お金をかけずに冬の寒さと戦う方法についてご紹介しました。

その中でも私の中で一押しなのが「窓にぷちぷちした気泡入り緩衝材を貼る方法」です。

※「プチプチ」は気泡緩衝材を製造、販売している川上産業さんの登録商標です。
  正式名称は「気泡入り緩衝材」といいます。

「貧乏くさい…」「ほんとに効果あるの?」…なんて声が聞こえてきそうですが…お金をかけずにできるこれ以上の寒さ対策を私は知りません!!

毎年欠かさずに行う我が家恒例の「冬支度」。今年もやってみました!!

スポンサードリンク
  

準備するもの

  • 気泡入り緩衝材(ぷちぷちしたシート)
  • img_20161111_124639

    こちらは近所の包装屋さんで売っていた90cm×360cmのビッグサイズの気泡入り緩衝材。
    お値段なんと555円!その値段の安さと確変具合に即購入しました!笑

    通信販売などで物を購入するとクッションとして使われているぷちぷちっとした気泡緩衝材は、ぺらっぺらのうすっうすなシートが多いですが、こちらは「包装用」でしっかりと厚みのあるポリエチレン製のシートです。うん、期待できそう!!

    気泡入り緩衝材には「断熱用」として窓に貼る用のシートもありますが、こういう包装用のものに比べるとお値段がちょっと高め。貼る手間がほんのすこーーーーし楽になるだけですので、わざわざ買わなくてもいいと思います。

  • 両面テープ
  • カッター

img_20161111_134628
両面テープは強力なものを準備しました。
我が家の窓ガラスはすりガラスで表面がデコボコになっているので、ちょっと厚みのあるテープじゃないと持たないんです。

窓に気泡入り緩衝材をを貼る方法

  1. まずは窓をきれいに掃除
  2. 我が家の冬の寒気の玄関、ベランダへ続く窓です。
  3. img_20161111_125134
     アルミサッシからも冷気が侵入してくるので、本当は窓だけでなくサッシも気泡緩衝材シートでカバーしたいのですが、洗濯物を干すためにベランダを使うので開け閉めができるようにしなければいけません。

    スポンサードリンク

     とりあえずは窓の部分をシートで覆います。

  4. シートを窓の幅に合わせてカットしたら、平べったい面(ぷちぷちしてないほう)を自分の方に向けて両面テープで窓に貼っていきます。
  5. img_20161111_132134
     そうなんです。でこぼこの方を窓に貼りつけるんです。

     …わかってます。平べったい面に両面テープを付けた方が、窓ガラスにくっつきやすいっていうのは!でも…シートで効果的に「二重窓」を作るためにもここはあえてやりずらい方法で貼りつけます。

     貼りつける際には「どちらの窓を開け閉めするのか?」に注意してください。
    私は左側の窓を開け閉めするので、こちら側は開閉の邪魔にならないように貼りました。

    右側の窓はまったく開け閉めをしません。
    …ということで、こちら側はサッシから全部シートで覆ってしまいます!

    ロールのシートだと自由に切り貼りできるのが嬉しいですね。

    img_20161111_134003
    ちょっと余った下の部分はあえて残しておきましょう。
    冷気は隙間からやってきます。長めに張ることで徹底的に冷気をシャットダウンします。

    少しシートが余ったので、何か使えないかと考えた結果…

    左側の裾をカバーするのに使うことにしました!

    両面テープをペタペタ貼って、窓ガラスの下のサッシ部分にかぶさるように付け足します。

    img_20161111_134357
    完成!窓を開けるときはぺりぺりっとはがして、終わったらまた貼りつける♪捨てるよりもよっぽどいいですよね。

    img_20161111_134026
    作業時間、たった20分!
    これで今年の冬も大丈夫♪

    まとめ

    窓に気泡入り緩衝材を貼る寒さ対策は、部屋を暖めるというよりも部屋を寒くしないための対策になります。これをするとしないとでは部屋の温度が確実に違ってきますし、暖房を使う場合も節約につながります。

    本当に安くて簡単にできる寒さ対策ですので激押しです!

    皆さんも私と一緒にぷちぷちで厳冬を乗り越えましょう!!

    スポンサードリンク