yun_4173

行ってよかったイルミネーションスポット第1位の「ハウステンボス光の王国」。
年々パワーアップするイルミネーションを見に、毎年たくさんの観光客が訪れます。

だけど、イベント時期のハウステンボス周辺のホテルって高いんですよね…^^;
ハウステンボスの周辺にはこれといった観光スポットはありませんし「イルミネーションは見に行きたいけど宿泊は別のところで…」「日帰りで観に行こうかなぁ」なんて人も多いと思います。

しかし気になるのが「めちゃくちゃ広いと言われるハウステンボス。1日でイルミネーションを楽しめるの?」

…安心してください。大丈夫です!
今回は「日帰りで楽しむ光の王国」についてご紹介します。

スポンサードリンク
  

光の王国は日帰りでも楽しめる!

光の王国が開催されるハウステンボスはなんとユニバーサル・スタジオ・ジャパンの約3倍の敷地面積!朝から夜まで1日中園内にいても、そのすべてを周りきることはできません。

 
「光の王国」も、1200万球のイルミネーションという世界最大の規模のイベントですので、すべてを隅から隅まで堪能しようと思ったら1日じゃ無理なのは確かです。

 
ですが、ハウステンボスはディズニーリゾートやUSJのように「アトラクションを楽しむ」というよりも「景色や雰囲気を楽しむ」スポットですので、アトラクションに乗るために何時間も待つ…といったことがそうありません。

「ここだけは絶対に抑えておけ!」という、光の王国の中でも必見のイルミネーションやアトラクションは1日でも十分に楽しめるんですよ♪

ハウステンボス夜だけのチケットはこれを買おう!

ハウステンボスにはいろいろな料金システムがありますが、日帰りでイルミネーションだけを楽しむのにぴったりのチケットももちろんあります。

⇒ 初めてのハウステンボス攻略!光の王国のチケットや料金をわかりやすく解説

  • 冬のイルミパスポート/大人(18歳以上):5,100円 /中人(中学・高校生):4,300円/小人(4歳~小学生):3,400円/シニア(65歳以上)4,600円
  • 冬ナイト入場チケット/大人:3,800円 中人:2,800円 小人:1,800円 シニア:3,700円

 

では、この2つのプランについての違いはなんなのでしょう?

冬のイルミパスポート(パレス ハウステンボス入館付き)

対象期間:16時~(10/29~2/28)

      

  • 有料エリアへの入場
  •   

  • パークバスで園内を移動できる
  •   

  • 園内に張り巡らされた運河をカナルクルーザーに乗ってゆっくりと観覧できる
  •   

  • 約50種類の対象施設が利用できる

冬ナイト入場チケット

対象期間:17時~(10/29~2/28)

何ができるの?

  • 有料エリアへの入場
  • パークバスで園内を移動できる

 

大きな違いはカナルクルーザーとアトラクションの利用、入場時間の違いになります。

パスポートを利用することで大抵のアトラクションは無料で利用できるのですが、光の王国のメインアトラクションを利用するには追加料金を払わなくてはならない場合があります。

この場合、イルミパスポートと冬ナイト入場チケットでは割引料金が変わり、追加料金もイルミパスポートの方がお得な料金となっているのがポイントです。
 

トータル的におすすめなのは「イルミパスポート」になります!
値段だけで見ると5,100円と3,800円。1,300円の差はありますがそれを補うメリットがイルミパスポートにはあるんです。

 

  • パレスハウステンボス「光の宮殿」の入館料がいらない(冬ナイト入場チケットだと600円の追加料金)
  • 光と運河クルーズの追加料金に400円、光のバンジージャンプで追加料金に300円の差がある。
  • さまざまなイルミネーションアトラクションが無料で体験できる

 
光の王国で欠かせない「光と運河クルーズ」「光のバンジージャンプ」だけでもこれだけ割引率が違いますし、必ず見ておくべき「光の宮殿」の入場料がイルミパスポートにはすでに含まれていることを考えても「イルミパスポート」を購入しておく方がお得です。

パスポート購入の場合

パスポート代:5100円 + 光と運河クルーズ:400円 +バンジー:500円 = 6000円

冬ナイト入場チケットの場合

チケット代:3800円 + 光と運河クルーズ:800円 + バンジー:800円 + 光の宮殿:600円 = 6000円

 
この3大アトラクションを利用すると結果的に同じ値段になるんです。
パスポートだとこれに加えて他のアトラクションも利用できるので、確実にお得ですよね♪

がっつりと光の王国のイルミネーションを楽しむなら断然パスポートがおすすめなんです!

スポンサードリンク

夜のハウステンボスで押さえておくべきアトラクションはコレ!

大人気!光と噴水の運河クルーズ

まるで虹の上を船で渡るように感じられる大人気のクルーズ。光と噴水の運河の迫力ある演出を間近で観られます。水の中から七色のライトアップがされているだけでも綺麗なのですが、クルーザーの横に上がるライトアップされた噴水とのバランスが何とも言えません。

陸からでもその美しさは味わえますが、水辺で至近距離から見る光と噴水の揺らめきは桁違いの感動ですよ!多少順番待ちしてでも乗る価値のあるアトラクションです。
 

料金

  • パスポートで入場の場合
  • 大人(中学生以上)400円 小人(4歳~小学生)300円

  • 冬ナイトチケットで入場の場合
  • 大人(中学生以上)800円 小人(4歳~小学生)500円

所要時間:約13分

運航時間:18:15~21:45

※日没時間により変動あり
 

こちらのクルーズをグレートアップした「光の王国 1周遊覧クルーズ」というものもあります。

普通のクルーズは10分~15分間隔で運行され予約が要らないのに対して、こちらは1日に1度しか運行がない定員制の要予約という特別なイベント。

ハウステンボスの中心地であるタワーシティから運河を一周し、今年から新たに始まった新イベント「光の運河水上ショー」が行われる船の後ろをついて走るという特別なクルーズなんです。

運航期間:10月29日(土)~12月30日(金)

料金:4歳以上一律1,000円 ※要事前予約

運航時間 :18:20乗船開始、18:30出航

光の宮殿~光のオーケストラ~

ハウステンボスの象徴ともいえるオランダの宮殿を再現した「ハウステンボス宮殿」を抜けた先にある庭園で繰り広げられる「音と光と噴水のイルミネーションショー」。

昼間にみても美しいハウステンボス宮殿がライトアップされただけでも圧巻の美しさなのですが、その先に待っているのはまさに「オランダ」!

こんな陳腐な言葉でしか表現できない自分が悔しいですが。笑初めて見た時に「…ここは日本か?」と一緒に行った友人に思わず聞いてしまうくらいの「オランダ感」なんです!

 

場所: パレス ハウステンボス本苑

料金: イルミパスポート・年間会員は無料

    その他のパスポート提示で400円、散策チケットや一般の場合は600円

 

光のバンジージャンプ

イルミネーションを観ながらバンジージャンプができるなんてなかなかないですよね!
高さ20mから勇気を出して空中へ飛び出せば、確実に今まで体験したことのないいドキドキとスリルが体験できます。

友人は昼間はジャンプできなかったのに「あまりにも光がきれいで飛び込みたくなった!」と夜になるとジャンプできたのですが、それくらい魅力的な世界が広がっているようです。怖がりの私は無理でしたけど…^^;

とっておきのスリルを味わいたい人はぜひチャレンジしてみてください♪

場所:アートガーデン

料金:日没前/初回のみパスポート対象、2回目以降500円

   日没後/パスポート提示で500円、冬ナイトチケットや一般の場合は800円

※小学生以上・体重38kg〜110kgの方対象。
※18歳未満は要保護者同意。※強風・悪天候の際は休止
 

光の観覧車、光の滝、光のアートガーデン・ブルーウェーブ

広大な敷地内でひときわ目立つ光の観覧車。そこは光の王国の中でも特に綺麗なイルミネーションが集まった「アートガーデン」エリアになります。

高さ66mの日本一の光の滝や一面に広がる青のイルミネーションがまるで波打つ光の海のようなブルーウェーブの美しさはまたまた言葉にできません。

今年は世界初となる全長13mの「光のドラゴンロボット」も新登場し、光の滝と連動した新しいイルミネーションショーが見られるようで楽しみです!

このドラゴンロボット…なんと口から本物の火を吐くそうです!どんな「光と炎のコラボレーション」が観られるのかワクワクしますね♪

どんなに時間がなくても、この「アートガーデン」には足を運びましょう!

・光の観覧車
料金:700円パスポート提示で600円

・光のドラゴンロボット
稼働回数:夜2回
搭乗料金:2,000円(写真撮影付き)
搭乗定員:6名

ハウステンボス光の王国のおすすめの周り方

~日没前から入園Ver.~

イルミパスポートで入国して、すぐカナルクルーザーに乗ってタワーシティに行きましょう。日没前の光と噴水の運河クルーズが始まる前であれば追加料金を払わずにカナルクルーザーに乗ることができます。

 
こちらは街の中心地になっていて食事ができる場所もありますので、まずはゆっくり腹ごしらえがおすすめです。その後、ハウステンボスのシンボルタワー「ドムトールン」へ登ります。

地上80mの5階展望室からはハウステンボスの全景が見渡せますので、日没前にここに登っておくことで光の王国内に一斉にイルミネーションが点灯する瞬間を観ることができます。

 
点灯の瞬間を堪能したらすぐに下界へ戻り、18:30出港の「光の王国 1周遊覧クルーズ」に乗ります。(要予約のため事前に予約しておいてくださいね)船上で優雅にイルミネーションに輝く水面と光のショーを満喫しましょう。

1周のクルーズを終えタワーシティに帰って来たら、ハウステンボスの一番奥「パレスハウステンボス 光の宮殿」を目指します。

 
豪華な光と音楽のショーを堪能した後はアートガーデンへ。光のバンジージャンプや観覧車は待ち時間によってどちらへ行くかは要検討です!

光の滝とドラゴンロボットが織りなす光と炎のコラボを観て、光のアートガーデンで光の波に包まれたなら「光のアートガーデン カフェ&バー」で光り輝くカクテルを飲む…。

 
ほろ酔い気分の頃には出国にちょうどいい時間になっています。

日没後から入園するときは、すでに「光と噴水の運河クルーズ」が始まっていますのでまずはこれに乗ってイルミネーションを楽しみながらタワーシティへ向かいます。

その後は日没前と同じように、まずは一番奥の光の宮殿からがおすすめです。遠いので後から行こうと思うとなかなか行く気になりません。笑

このルートで行くと1日でハウステンボスをしっかりと楽しむことができると思いますよ♪

まとめ

いかがでしょうか?
私の独断と趣味にあふれたルート紹介となりましたが(笑)少ない時間でハウステンボスのイルミネーションを楽しめること間違いなしです!

参考にしていただければ嬉しいです。

スポンサードリンク