旅行 カタログギフト 交通費込み
 

両親やおじいちゃん、おばあちゃんへのプレゼント。

職場の退職のお祝いなどにも便利な旅行のカタログギフトですが…

唯一のネックが「交通費が別」というところなんですよね…。(;´・ω・)

 
特に両親への贈り物や祖父母など、身近な人へのギフトの場合は、やっぱり「交通費も込み」で贈りたい!

どうにか方法はないものか…。あれこれ方法を調べてみました!

スポンサードリンク

旅行のカタログギフトで交通費込みの物ってあるの?

以前、両親へ温泉旅行か何かをプレゼントしたいなぁ…と、「旅行をプレゼントする方法」を調べた事があります。

 

くま

日程も自由に選べて、金額がわからないサプライズな贈り方がしたいけど…といろいろ調べてみました。

check! 両親へ旅行をプレゼントする方法 カタログと旅行券の違いとメリット

 
この時に、カタログギフトと旅行券の違い。

それぞれのメリット・デメリットを比較してみた結果…

 

  • 両親の好きな時に、都合のいい日程が選べる
  • プレゼントした値段の金額がわからない
  • 旅行代理店に行くのを確実に面倒くさがりな両親でも、旅行に行く気になってくれそう
 

…と、「サプライズプレゼント」として、いろいろと便利そうだったのがカタログギフトでした。

 
でも、いろいろと口コミのいいカタログや人気の旅行ギフトをチェックしても、ことごとく「交通費は含まれません」なんですよね…。

 
以前の記事でもご紹介した、この「EXETIME」さんのカタログの内容がめちゃくちゃ好きなんですけど…

>> 『EXETIME』

 
やっぱり、利用する駅が人それぞれ違うので、交通費もひっくるめて料金に含める…と言うのは難しいみたいなんです。(‘・_・`)

 

女性 汗

でも、やっぱり旅行をまるっとプレゼントしたいなぁ…

 
と、他に方法がないか、現実的に可能なプランを考えてみました。

スポンサードリンク

旅行のプレゼントを交通費込みで贈りたい場合は…

航空券や新幹線のチケットを後から渡す

ほとんどのカタログギフトは、全国の温泉旅館や宿、ホテルから行先を選べるようになっています。

一方、交通系の日にちがフリーなチケットで「日本全国どこでもOK」な物って無いんですよね…。

旅行券などをプレゼントすれば、電車代などにも使えるんですけど…。

 

女性 汗

いや、そもそも「旅行会社に行く手間を省くためのカタログギフト」だし。

それは本末転倒だなぁ。

いろいろ悩んだ結果、どうせ移動手段の手配や予約は父や母が自分でやる事…。

だったら「日にちと場所が決まったら教えてね。予約はこっちでやっておくから」と言っても大丈夫かなぁと。

なので…

 

  1. まずはカタログギフトだけをプレゼント
  2. その後、旅行先や日にちが決まったら事前に教えてもらう
  3. 行き先に合わせた新幹線や飛行機のチケットをプレゼント
 

これが一つの方法かなと思います。

旅行先は決まったけど日程がまだわからない時は?

また、日にちは決まらなくても行先だけでもわかっていれば、新幹線の回数券をプレゼントするという方法も。

 
回数券だと、乗車日を指定しないでもいいので、とりあえず乗車区間さえわかっていればある程度日程の融通はききます。

 
両親がいつ旅行に行くかわからない…という場合には、使いやすいのが回数券なんですね。

 
ただ、回数券には「有効期限」があり、利用する鉄道会社や路線によって違うので注意が必要です。

例えば…

 

  • 九州新幹線2枚切符:1か月有効
  • 東海道新幹線:3か月有効 
  • ひかり・こだま回数券:3か月間有効
  • 山陽新幹線回数券:3か月間有効
 

大体が有効期限が3か月の物が多いですが、中には1か月というものも。

また、回数券なので6枚つづりの物が一般的なのがちょっとネックなんですよね…。

お父さん、お母さんの往復分だと4枚あればいいので、6枚もいらない…と言うのが本音です(;’∀’)

 

くま

そんな時は「金券ショップ」で、ばら売りの回数券を購入する方法もありました。

 
ただ、金券ショップに出回っているものは、有効期限のカウントダウンが始まっているので、残り期限が後1か月なんてものもザラにあります。

 
なので残りの有効期限は要チェックです。

回数券でのプレゼントが向いている場合

こうしてみると、回数券…あんまり使えないじゃん!

…なんて思っちゃいますが…。(笑)

でも、旅行のカタログギフトも有効期限があるんですよね。

有効期限が後3か月とか、後1か月!…なんて時には使える…かなぁ?(;’∀’)

新幹線・飛行機を使わない旅行先の場合

飛行機や新幹線を使わない場合、一番現実的なのが、SuicaやPASMOなどの交通系ICカードのプレゼントです。

 
ピッとかざすだけで、在来線、バスなどの支払いに利用できるのでとっても便利。

私たちには当たり前な事ですが、あまり外に出かけない60代の母にとっては革命的だったようです。

先日初めて使用した時に「こりゃ便利!楽やねー♪」とびっくりしていました。

 

くま

あらかじめ5000円~1万円ほどチャージした物を一緒にプレゼントしておく事で、乗り換えや乗り間違いにもスムーズに対応できます。

新幹線・航空券を渡した場合でも一緒にプレゼントすると、丸ごと交通費が贈れちゃえますね♪

旅行のカタログギフトで交通費込みでプレゼントできそうな物を強いて上げるなら…

調べれば調べるほど、交通費込みで旅行をプレゼントするのって難しいんだなぁと実感しました…(;´Д⊂)
 

ですが、その中で、たった一つ。

ちょっと気になるカタログギフトがありました。

それが、こちらの箱根限定プランの「箱根の贈りもの」というカタログギフトです。

 


旅を贈るカタログギフトEXETIME

 

こちらは、いろいろある旅行のカタログギフトの中でも、旅行のガイドブック感が満載でとても見やすかった会社のものです。

 
個人的に気になっていた、EXETIMEという旅行のカタログギフト商品の中の1つなのですが…

旅先が 箱根エリア限定 という商品なんです。

 

「箱根はよく行ってるし…違う場所がいいな。」

「んー…ちょっと遠いかな…?」

「というか箱根に住んでます。」

 

というような方には不向きですが、箱根と言えば温泉地として有名。

両親の旅行先としてはいいなぁとは思います。

この箱根プランが向いている人

こちらの箱根プランには「小田急電鉄の箱根フリーパス」が付いています。

この「小田急電鉄の箱根フリーパス」というのは…

 

  • 行きと帰りの小田急往復券付
  • 箱根登山電車・ロープウェイ・箱根海賊船・箱根登山バスなどの箱根を回る乗り物に、何回でも乗り降り自由(一部指定区間のみ)
  • 箱根人気施設の入場料も割引
 

…と、箱根を旅するのにいろいろとお得なフリーパス。

つまり、宿と別に、小田急線の交通費と箱根内の公共交通機関のほとんどが乗れるフリーパスです。

 
特急ロマンスカーは別途料金が必要ですが、箱根観光を普通に周るには、かなりお得なチケットになっています。

 

くま

また、EXETIMEの箱根プランには、箱根の観光名所でもある「彫刻の森の入場券」も付いています。

小田急沿線沿いに住んでいる方には使いやすいプランだと思いますし、

それ以外の地域でも、とりあえず始発駅の新宿までの交通費だけどうにかすればいいというわけです。

 
こうして見ると、かなり使えるカタログっぽいですが…

ただ、ちょっと気になる点も。

箱根の贈りもののちょっと気になるところ

カタログに載っているホテルには、宿の種類によっては、この「小田急電鉄の箱根フリーパス」と「彫刻の森入場券」が付いてこない物もあるんです…。

 

女性 汗

父や母が、フリーパス付じゃない宿を選んじゃった時にどうしよう…。

という悩みが残っちゃうんですよね…。

 
どの宿がフリーパス付なのかは、サイトでチェックできるので、それとなくチケット付きの宿に誘導しちゃうのもありですね。(笑)

 
check! 箱根エリア限定の湯宿の一覧を見てみる

旅行のカタログギフトを交通費込みでプレゼントしたい時はどうする?のまとめ

・・・と、やっぱりサプライズで両親に旅行をプレゼントするのは、なかなか難しいなぁと改めて感じました。

 
旅行に行く日にち、行きたい場所をまるっとこちらで指定できるのなら、方法は沢山あるんですよね。

 
JTBみたいな旅行会社へ行けば手っ取り早いですし、ネットで最近人気の「ダイナミックパッケージ」とやらは、宿泊先や交通手段をサクッと組めちゃえます。

 
私はツアーが苦手なので、旅行は必ず個人旅行なんですけど

 
楽天の「ダイナミックパッケージ(楽パック)」は、航空券+温泉旅館+現地のレンタカー手配まで出来て楽でした。

 
check! 楽天トラベルの国内旅行・パックツアー(交通+宿)
 

一番は「両親に喜んでほしい」というのが何よりも大切。

どうすれば両親に楽しく、気持ちよく旅行をしてもらえるか…

そこを考えつつ、カタログギフトで交通費をチケットで別にプレゼントするか…。

それともいっそのことダイナミックパッケージで旅行の日程を組んじゃうか…。

もう一度、じっくり考えて決めてみようと思います!

 
皆さんも、大切な誰かへのプレゼントを素敵な形で贈れるといいですね♪

スポンサードリンク