関東最大級のイルミネーションスポットとして有名な「相模湖イルミリオン」。

 
関東地区で一番人気といってもいいこのイルミネーションイベントは、600万個のLEDによる幻想的な光の空間は見るものすべてを魅了し、見る価値あり!の一度は見ておきたいイルミネーションです。

 
今回は、相模湖イルミリオンの開催期間や料金、おすすめの楽しみ方やアクセス方法、混雑状況などについてご紹介します。

 
お出かけの参考になれば嬉しいです。

スポンサードリンク
  

相模湖イルミリオンの期間と料金

さがみ湖イルミニオンとは?

「さがみ湖イルミリオン」は遊園地をはじめ、キャンプやバーベキュー場 、日帰り温浴施設が揃う複合アウトドアリゾート「さがみ湖リゾート」にて開催される関東最大のイルミネーションイベントです。

 
関東最大の600万球の圧倒的な迫力のイルミネーションは想像を超える感動を味わえます。

 

 

大自然に囲まれた山の中。

街の灯りが届かないそこは、月と星の光しかありません。

 
45万坪もの広さの園内で深い山の中の澄んだ空気の中で輝くイルミネーションは、都会では出逢えない感動を味あわせてくれます。

 
イルミリオンでの園内では様々なテーマのイルミネーションを見ることができます。

 

  • 光の大宮殿
  •  

    こちらはなんと日本初の全方位イルミネーションという、空だけでなく足元までをライティングしたイルミネーション方式が取られているそう!

    私も見たことがないので、今年一番の楽しみがこちらです♪

     

  • 光のナイアガラ
  • 滝をイメージして作られた壮大な作品。

    光が明滅することで水しぶきが飛び散る様子や、滝が割れるなどの演出を表現しています。

    目の前一面に光輝く滝はゴージャス!の一言です。

     

  • 光の海
  • どこまでも広がる海をイメージした青いイルミネーションの大海原。

    珊瑚の海の輝きを表現した海の中にはクマノミやクラゲ、イルカが泳いでいます。

    クラゲって今までどうでもよかったんですけど(笑)この海の中では、不思議と一番幻想的で美しく見えるんです。

    ここのクラゲを見てから、水族館でもクラゲエリアを素通りすることなくみるようになりました。笑

     

  • 光の動物園
  • 自然を活かし、生い茂る樹木と緑のイルミネーションで森に暮らす動物たちを表現。

    青で表現された光の海とは一転、こちらは緑を基調にどこまでも広がる草原を連想させるイルミネーション。

    さまざまなテーマのイルミネーションが見られるのも楽しみの一つですね。
     

  • ビッグスノーマン
  • 草の斜面におすわりしているスノーマン。

    個人的には一番好きなイルミネーションです。笑

    かなり引きで撮らないと写真に納まりません!

     

  • 光の大トンネル
  • どこまでも続く輝く回廊。光の中を進むというのは、想像以上に不思議な感覚。

    まるで自分が異世界にいるかのような感動を味わうことができました。
     

この他にも、イングリッシュガーデンや光の天の川など様々なテーマのイルミネーションを見ることができます。

 
写真や動画では感じることのできない感動が、現地に行けば必ず体験できることは間違いありません!

今までいろいろなイルミネーションを見てきましたが、相模湖イルミリオンはまさにNO.1だと思います♪

 

開催期間

2017.11.3(金) ~ 2018.4.8(日)

【定休日】
1月:10/11/17/18/24/25/31日
2月:1/7/8/14/15/21/22/28日
3月:1/7/8/14/15日
※イルミリオンは雨天でも開催

 

営業時間

  • 11/3~11/30の平日、1/9~4/8の全日
  • 16:00 ~ 21:00

  • 11/3~11/30の土休日、12/1~1/8の全日
  • 16:00 ~ 21:30

※最終入場は営業終了の30分前

 
相模湖イルミリオンは相模湖リゾートのプレジャーフォレストの中にある遊園地で開催されます。夜の遊園地…なんだか聞くだけでワクワクしませんか?♪

この遊園地は、平日10:00、土日祝日9:30(9:00の場合あり)から営業していますが、日中より入園している場合はイルミリオンをそのまま観ることができますよ。
 

点灯時間

1月まで 17:00
2月 17:30
3月 18:00
4月 18:15

点灯時間(予定)は季節により異なりますので、現地に行かれる際は点灯時間をチェックして、点灯前には会場に着いておくことをおススメします。

 

大人:中学生以上(シニア含む) 800円
小人:(3歳〜小学6年生)   500円
ペット(犬):  500円
※体高50cm以下の中・小型犬に限ります。同伴入場参加規約に了承(署名)する必要あり

 

ナイトフリーパス
大人:中学生以上(シニア含む) 2,300円
小人:(3歳〜小学6年生)   1,900円

※天候等により販売を見合わせる場合あり
※日中の遊園地でご利用いただいたフリーパス券は、ナイトアトラクションでもご利用いただけます。

 
 
まず、注意していただきたいのが、こちらは夕方から夜に開催されるイルミネーションイベント「」だけの入場料金になります。
 

イルミリオンが開催されるのは夕方16時から。

 
それまではプレジャーフォレスト内で遊園地として日中用のアトラクションやイベントが行われていますので、16時以前に入場する場合は「プレジャーフォレストの入場料金」が必要になるんです!

 
夕方は混むだろうから早めに到着するように行こう!

…と思っていく場合は注意が必要!

流れでそのまま入っちゃわないようにしてくださいね^^;

 
夜間料金になるまで駐車場で待つことはできるのですが、駐車場にはトイレしかありません…。(トイレがあるだけでもいいのかもしれませんが)

 
暇だからと駐車場に一度入ってから外に出てしまうと、再入場の時に駐車料金をまた支払わないといけませんので、こちらも注意してくださいね。

 

大人:中学生以上 こども:3歳から小学生以下、シニア:60歳以上

入園料 大人:1,700円  こども・シニア:1,000円

ペット(犬):1,000円

入園料+乗り物乗り放題 のフリーパス 大人:3,900円 こども:3,100円

※イルミリオン時はナイトアトラクションにも利用可

 
昼間から遊園地に入って遊ぶ場合はこちらの料金になります。

プレジャーフォレストのチケットを購入した場合は、あらたにイルミリオンのチケットを購入する必要はありません。

 
フリーパスもそのままナイトアトラクションに利用できますので週末に1日中遊びたい♪…と言う場合はこちらの方がお得になります。
 

乗用車 1,000円、大型バス 2,000円、バイク 500円

スポンサードリンク

イルミリオンのおすすめと楽しみ方

イルミリオンには様々なイルミネーションがありますが、それらをさらに楽しむための様々なアトラクションも用意されています。

 
下記が夜に楽しめるアトラクションと料金になります。

 

ナイトアトラクション一覧と料金

極楽パイロット(雨天NG)  800円
大空天国(雨天NG)  800円
光のリフト(雨OK)  300円(片道)
お山のかんらんしゃ(雨OK)  500円
光のカラクリ砦(雨天NG)  500円(各コース)
ミラーメイズ(雨OK)  300円
パディントンベアのスカイパラソル(雨天NG)  400円
パディントンベアの空飛ぶブランコ(雨OK)  300円
ワームホール(コイン式)(雨OK)  100円(ナイトフリーパスはご利用いただけません)

 
これを全部周ったとしたら4300円の料金がかかりますので、その場合は2300円の「ナイトフリーパス」を購入した方がぐっとお得!

 
混雑してるからアトラクションはいいかなぁ…?という方もいらっしゃるかもしれませんが…
 

でも!でも…それでも!!

 

「光のリフト」と「お山の観覧車」にだけは乗ることをおススメします!

 

光のリフト

この光のリフトは山頂エリアへと向かうリフトなのですが、昼間は徒歩でも行けるこのエリア。

なんと夜は通行止めになってしまい、このリフトでしか登れないようになります^^;

 
最初は「なんだよそれ!」…と思っていたのですが、しぶしぶリフトに乗ってすぐ「リフト最高!!♪」と手の平クル――!でした。笑

 
リフトから見下ろす園内のイルミネーションが、なんとも言えず綺麗なんです!

 
そうしてたどり着いた山頂エリアでは、一面に咲く芝桜のように美しいピンクのイルミネーションの「光の花畑」が広がります。

 
水面に光が反射して幻想的できらびやかな輝きがあふれる「花畑の湖畔」のイルミネーションを見ることができます。

お山の観覧車

sagamiko14-45
 

山頂エリアにどどーんとそびえたつのが「お山の観覧車」。

 
こちらは空の上からゆっくりイルミリオン全体を見渡すことができ、これを見ずして帰るのは、イルミリオンを半分しか楽しんでないといっても過言ではないでしょう。

 
しかしこの光のリフトとお山の観覧車。あまりの人気から激混み必須…。

暗くなってからは順番待ちが当たり前のアトラクションです。

そこでおススメなのが、16時以降に入園し、日没間際に観覧車に乗るやり方です。

 
時間調整が難しいところもありますが、うまくいけば観覧車からはロマンチックな夕日を眺められ、リフトで下に下る頃にはキラキラ輝くイルミネーションが見られます!

レストランから見るイルミネーション

園内の中心部にある「ワイルドダイニング」というフードコートからは食事をしながら、ガラス越しに輝くイルミネーションを見ることができます。

 
その名の通り、自然を感じさせる木材やブロックを使用した“ワイルド”な造りの店内になっていて、メニューも石窯ピッツァや特製の鉄板焼きハンバーグといった本格的なもの。

 
イルミネーションを見ながらの美味しい食事が楽しめるのは本当に最高です♪

相模湖イルミリオンへのアクセス方法と混雑状況

住所:神奈川県相模原市緑区若柳1634

 
場所が場所だけに車でのアクセスが楽だと思います。

ナビでプレジャーフォレストを検索する際は、相模原市の政令指定都市移行化に伴って住所が変更になったようなので電話番号での検索のほうが確実です。

 
また、2008年に「ピクニックランド」から「プレジャーフォレスト」へと名前が変更になったため、ナビの種類によっては「さがみ湖ピクニックランド」という名前で表示されることがあるようですが、場所は同じですのでそこを目的地として向かってください。

 

車でのアクセス方法

 東京埼玉方面から・・・中央自動車道相模湖東出口から約7分(国道20・412号経由)

 横浜方面から・・・圏央道相模原ICから約15分(県道→R413→R412)

 山梨方面から・・・中央自動車道相模湖ICにて下車。約10分

電車・バスでのアクセス方法

  • JR中央本線   :高尾駅から甲府方面へ1駅、相模湖駅下車。相模湖駅前から1番のバス停「三ケ木(みかげ)行き」より乗車「プレジャーフォレスト前」下車 (バス8分)
  • JR横浜線橋本駅(三ヶ木バスターミナル乗換え)相模湖駅行き:橋本駅北口から1番のバス乗り場より三ヶ木行き乗車(バス35分)で「三ヶ木」下車、相模湖駅行きに乗りかえ乗車(バス10分)で「プレジャーフォレスト前」下車。

 
※土日祝日のみ別ダイヤが運行 神奈川中央交通

   橋本駅北口発         9時00分 10時00分
   プレジャーフォレスト前発  15時00分 16時00分
 

相模湖イルミリオンの混雑状況

イルミネーションの開催期間が10月下旬から4月上旬と長いため、時期によってばらつきがあります。

ですが、12月と3月は一年でも最高に混雑する時期です。

昨年12月に行ったときは、クリスマス前だったこともあり駐車場が満車で臨時駐車場に停めることになりました。

 
臨時駐車場から会場までは距離があるということで、シャトルバスが出ていたのですが、バス待ちの人が多すぎて2度見送りました。^^;

 
「もう歩いて行った方が早いんじゃない?」としびれを切らして徒歩で会場へ向かいましたが、何と歩いて30分。笑

着いたときには若干汗ばんでました。

 
また渋滞は、行きよりも帰りの20時台の方が酷いような気がしました。

 
来るときはみんなバラバラの時間帯ですが、帰りはだいたい同じ時間に帰りますので仕方ないのかもしれません…。

混雑時に行く場合は覚悟しておいた方がいいですよ。汗

 
また、プレジャーフォレスト正面にある駐車場待ちの車のために、橋本方面からの国道412号が夕方あたりからかなりの渋滞になります。

 
橋本方面からだと駐車場に入るのに右折しなければならないので、どうしても渋滞ができてしまうんですね。

 
反対方向の相模湖側からだと左折になりますので、可能ならばそちらからの入庫が断然おすすめです!

 
渋滞にはまるのめんどい…。という方は相模湖に泊まるのもおすすめですよ。

 
⇒ 相模湖イルミリオンの宿泊施設!プレジャーフォレストのキャンプパックとログキャビンがおすすめ!

相模湖イルミリオンの期間と料金、おすすめの楽しみ方とアクセスや混雑状況のまとめ

さがみ湖イルミリオンは、時期によっては確かに激混みなイベントですが、一生に一度は見ておいて損はないイルミネーションです。

 
約5か月間と長期間開催されますので、機会を見つけてぜひ一度遊びに行ってみてください。想像以上の感動体験ができますよ♪

 
また、会場が湖に近く山の中ということもあり、冬場の寒さも想像以上です。笑

防寒対策はしっかりとしていくことをおすすめします。

 
イルミネーションを見ている間はなかなか気づかないのですが、園内をかなり歩きますし坂もかなり多いですので動きやすいスニーカーでの観覧がいいと思います。

 
さがみ湖イルミオンで、忘れられない素敵な思い出ができますように♪

スポンサードリンク