ナガノパープル 食べ方

 
皮ごと食べられる美味しすぎるぶどう、ナガノパープル。

マツコの知らない世界で放送されて以来・・・

 

笑顔の女性先輩

美味しすぎる!

巨峰と同じくらい甘いのに種が無いなんて最高!

・・・と、一躍有名になったあのぶどうですが、まだまだ未知数なナガノパープル。

今回は、そのナガノパープルについてわかりやすくまとめてみました!

どこで買えるのかや気になるお値段。

そもそもナガノパープルとはいったい何!?なんてあれこれをご紹介します。

スポンサードリンク

ナガノパープルとは?

ナガノパープルとは、誰もが知るブドウの王様「巨峰」と「リザマート」という品種を交配して作られた黒ブドウです。

 
強い甘みと芳醇な香りが特徴ですが、なによりも「種が無くて、皮まで食べられる」と言うのが一番のポイントです。

 
種なしで皮まで食べられるぶどうと言えば、シャインマスカットや瀬戸ジャイアンツといった白ブドウが人気ですが、ナガノパープルは黒いブドウ。

 
現在は長野県のみで生産され、まだまだ生産量も少ない希少なブドウなんです。

ナガノパープルの味

気になるお味ですが、交配された親が巨峰という事もあり、しっかりとした甘みがあります。

秋のブドウと言えば、巨峰とピオーネが人気ですよね。

巨峰はちょっと小ぶりの実で濃い甘みが特徴。

皮と実の間にちょっとした苦みや渋みがあります。

 
一方、ピオーネはその甘みを残したまま、ちょっと爽やかな印象で皮がパリッとして巨峰よりも大粒なのが特徴です。

 
巨峰派かピオーネ派かは、好みによって分かれますが、どちらも甲乙つけがたい、秋を代表するブドウ界の二大巨頭ですよね。

 
ナガノパープルは、その両方のいいとこどりをしつつ、どちらかというと巨峰よりなブドウといった感じ(個人的な感想です)

 
皮まで食べられるブドウで言うと、シャインマスカットや瀬戸ジャイアンツは白ブドウという事で、爽やかなピオーネよりの甘さ。

 
一方ナガノパープルは、苦みや渋みを消しつつ、皮もパリッとしているのに巨峰のような甘ったるい甘さがある気がします。

 
私は巨峰派なのですが、巨峰の芳醇な甘さを残しつつ、種が無いナガノパープルはまさに理想のブドウなんです(〃艸〃)!

ナガノパープルの食べ方 美味しさを一番味わえる食べ方は…

ナガノパープルを美味しく食べるにはやっぱりそのまま皮ごとガブリが一番!!

なんてったって、種もなく皮まで食べられるのが売りですもんね♪

でも、さらに美味しく食べるには・・・

 

食べる前30分~1時間前に冷蔵庫で冷やし、食べる前に水洗いする

 

のがおすすめだそうです。

 
ぶどうの皮の表面に白い粉のようなものがついていることがありますが、これは果実に含まれる脂質から作られた「ブルーム」というもの。

 
果実から水分が蒸発するのを防ぎ、新鮮さを保つ働きがあるので、なるべく食べる直前に洗い流す方がいいようです。

 
冷やし過ぎるよりも、少しぬるいくらいがより甘さを感じられるようですね。

 

くま

また、ぶどうは上の方が甘いので、房の下の方から食べ始めると段々甘さが増していき、最後まで美味しく食べられますよ♪

ナガノパープルを美味しく保存する方法

すぐに食べない場合は、ラップや新聞紙に包んで冷蔵庫の野菜室で保存します。

よりおいしく保存するには、房から外して1粒ずつばらして保存した方がいいようです。

 
この時のポイントが…

 

ブドウの身についている枝を少し残してカットする事!

 

普通にぽろっと実を外すと、穴から水分が蒸発してしまうので、少しだけ枝を残して蓋をした方が、ジューシーになります。

ナガノパープルの旬の時期は?値段とスーパーや通販…どこで買えるの?

この希少なナガノパープル。

 
出荷される時期は9月の上旬から10月の上旬。

 
その中でも特に美味しいと言われているのが、9月中旬から9月下旬ほどだそうです。

 
期間にして約1か月ほど。

1年の間でこの期間だけしか味わえないというのも、なんだか特別感がありますよねー♪

ナガノパープルはどこで買えるの?

ここ数年人気が出てきたとはいえまだまだ生産量が少ないナガノパープル。

都心部ではスーパーでも見かける事も増えてきましたが、まだまだ流通量は少ないようです。

私の父は九州の地方の青果市場で働いているのですが、ナガノパープルは入ってこないそう!

 

父 笑顔

この辺でナガノパープルが食べたいなら、百貨店あたりまで行かないとないんじゃないか?

…なんて言ってました。

 

ひよこぶぅ

えー?本当に?

この流通パラダイスの現代でそんな事あるのー?

・・・と半信半疑だったんですけど、いざ調べてみるとあながち嘘でもないようでした!

スポンサードリンク

ナガノパープルの値段

ナガノパープルを探しに近所のスーパーに行ったのですが、店頭に並ぶのはデラウェアや巨峰、ピオーネといった王道ばかり。

 
ナガノパープルの姿はありません。

ネットで調べても、出てくるのは通販情報が多いんですよね…。

とりあえず通販を見てみるか…とお取り寄せを調べてみたところ・・・

その値段に愕然としました!!

 


 

安い物でも、2房で2980円!!

高い物では1房(500g)で2980円なんてものもありました!!

でも、この値段も高さも、食べてみると納得なんです…。

 
私は友人からのおすそ分けで初めてナガノパープルを食べたのですが、初めて口にした時は「こんなブドウがあったの!?」と本当にびっくりしました。

 
そりゃあんだけ美味しいなら高いよねー…と、値段を見ながらしみじみ納得しました。

 
長野県の農家のブドウ狩りでも「ナガノパープルは1房だけ」なんて制限もあるんだそう!

やっぱり生産量も少なくて貴重なぶどうなんですね…。

 

くま

楽天やお取り寄せサイトではナガノパープルのお取り寄せ通販の種類も豊富でした。

近所でナガノパープルが手に入らない時は、お取り寄せが一番簡単かもです。

check!ナガノパープルの通販を楽天でチェック!

 

ナガノパープルはスイーツでも楽しめる!

もしくはナガノパープルを使ったスイーツを食べに行くかですね!

 
ここ最近ではその食べやすさと美味しさから、スイーツやデザートとしてタルトやケーキにもよく使われるようになってきました。

 
ブドウを使ったケーキやタルトっていろいろとありますけど、種が無く皮まで食べられるナガノパープルは、そのまま使えるので一番おいしい生の状態でトッピングできるんですよね♪

 
特に人気なのがキルフェボン。

キルフェボンでは毎年秋になると、ナガノパープルをふんだんに使ったタルトを販売しています。

 
私の友人はこれが楽しみで、毎年秋だけに活動する「ナガノパープル キルフェボンの会」なんてサークルを作ってるみたいです。(笑)

 

 

また、ロイヤルホストやローソンなど、身近なファミレスやコンビニでも手軽に楽しめます♪

ロイヤルホストでは期間限定でナガノパープルを使ったデザートが3種類発売されています。

 

  • 葡萄の実のパープルパフェ:価格:880円(税込 950円)
  • 葡萄のブリュレパフェ:価格:780円(税込 842円)
  • 葡萄のムースケーキ:価格:580円(税込 626円)

10月下旬まで販売されるそうなので、ぜひとも行ってみようと思います!(`・ω´・)ノ”

ナガノパープルとは 値段や食べ方 通販でも購入できる?【激ウマ!】のまとめ

・・・と、あらためてまとめるとやっぱり素敵なナガノパープル。

 
お値段は高めですが、一度食べるとその食べやすさと甘さからはまってしまう、なんとも魅力的なぶどうですね♪

 
自分じゃなかなか買えないお値段なので、贈答用としても人気みたいです。

秋の新しい味覚「ナガノパープル」。

この秋にぜひ一度お試しくださーい♪

スポンサードリンク